観劇の感想

宙組「オーシャンズ11」光る演出と珠玉の音楽/キャストごとの感想2

こんばんは、ヴィスタリアです。

宙組「オーシャンズ11」の感想の続きです。

「オーシャンズ11」の魅力 小池先生の手腕と太田先生の音楽

観劇するまでは正直「オーシャンズ11」がこんなにも楽しい舞台だとは知らずにいました。

初演の星組の映像を見ていい作品であることはわかっていたのですが予想よりも遥かに楽しくて、夢中になってしまったのです。

宙組「オーシャンズ11」は理屈なんてわからない、言葉なんていらない、ただただ楽しい最高の舞台だと思っています。

理屈なんてわからないと書きましたが、いくつか考えてみました。

◆原作がしっかりしている

◆宙男たちのスーツが最高にかっこよくて宙娘たちが美しくてゴージャスで、いまの宙組にぴたりとはまっている

◆太田先生の音楽がすばらしい

◆原作ありものだけれど、「宝塚歌劇を観ている」と実感できる

原作の映画が未見なのですが小池先生がうまいと思ったのはEdenのプロモーション、ダイアナのショー、夢魔の場面などで宝塚歌劇らしさが存分に楽しめるシーンが違和感なくあることです。

スーツでバリバリ踊るプロローグもあればこうしたゴージャスなショーシーンは「ああ、宝塚歌劇を観ている」という思いに浸ることができます。
初めて宝塚歌劇を見る人を誘うのにもいい演目なのではないでしょうか。

また「愛した日々に偽りはない」「JUMP」などの名曲、「MR PICK POCKET」「JACKPOT」といった楽しいナンバーが散りばめられているのも大きな魅力だと思います。

次の観劇はもちろんのこと、音楽配信や映像の発売が待ち遠しいです。
たぶん買ってしまうと思います。

キャストごとの感想 オーシャンズたち

一言ずつですが感想です。

◆ソール・ブルーム/寿つかさ
宙組を見るとすっしーさん(寿つかさ)が舞台を締めてくれることに安心します。

引退して競馬に興じるソールの生活感の滲ませ具合、ドクター・ゼルガに扮しての芝居、スーツの着こなしなどさすがです。

ソールは初演の星組ではマヤさん(未沙のえる)が演じていて、マヤさんが花組組長時代の花組に思い入れがあるので印象が強いのですが、
すっしーさんの「飛ぶんだ、ライナス」も沁みました。

1幕最後のオーシャンズが本舞台の奥へと歩いていくときにライナスのお尻をぽん!と叩いていました。

演技指導のアドリブは日々おもしろくネタを仕込まれているのでしょう。
オーシャンズが「お願いしまーす」と下級生モードで頭を下げ、アドリブに四苦八苦するのが微笑ましいです。

◆バシャー・ター/蒼羽りく
りくさんもご卒業でさみしいです。
美しいダンスを目に焼き付けるようにして見ました。

ソフトで甘いお顔立ちで、スーツからマジシャン、ジョルジュの派手な燕尾、ボーイといろいろな姿が見られるのもうれしいです。

◆リビングストン/瑠風輝
もえこちゃん(瑠風輝)は上手ですね。
少年らしい高めの声やラップなどでも歌唱力が光っていましたし自然に見えました。

劇中は派手なメガネをかけていますが、パレードでおりて来たときの目が照明をはじくように輝いていて吸い込まれそうでした。

◆バージル・モロイ/優希しおん、ターク・モロイ/鷹翔千空
なんて楽しそうな兄弟なんでしょう。
登場シーンもいいのですがPARADISOに潜入してからのミハイル、ウラディミールがスーツ姿が決まっていて目が離せませんでした。

新人公演ではダニーとラスティーの友人同士をどのように演じるのか見てみたいと思いました。

◆イエン/秋音光
ヨーヨーがすごいです!
いったいどれだけ練習されたのでしょうか。様々な種類のヨーヨーを操り技を見せ、あっぱれです。

キャストごとの感想 きらめく宙娘たち

やはり一言ずつですが触れさせてください。

◆ポーラ/遥羽らら
甘々でキュートでかわいかったです。
こんなにかわいい彼女ならラスティー/芹香斗亜が夢中になるのもわかります。

登場シーンのエルチョクロで女の子たちが思い思いの赤毛のウィッグをつけていますが、ららちゃんの赤い髪の毛先が黒くなっているのがスタイリッシュで素敵でした。

◆3ジュエルズ サファイア/華妃まいあ
華妃まいあちゃんはヴィスタリアの宙娘のイチオシなんです。
まいあちゃんのサファイア、大人っぽい雰囲気、色気もあり、かっこよくて美しかったです。

3ジュエルズはいろいろなドレスを着ていますが、黒とシルバーのギラギラのタイトなドレスが一番すてきだと思いました。

「群盗」のフィナーレでも思いましたが目が効くというか力があるなあと思います。

「群盗」で裏ヒロインといっていい役どころを見ましたので、次回の新人公演で99期が出るのならぜひともヒロインをするまいあちゃんが見たいと願わずにいられません。

◆テス/夢白あや
大人っぽい雰囲気、お顔立ちなのでテス/星風まどかの若いときという設定がなんだかふしぎに思います。

やはり新人公演でテスをどんなふうに演じるのかを見てみたくなります。

スーツものといえばあの海外ミュージカル

ところでスーツでばりばり踊る宙男たちと、テスにキスをして平手打ちを見舞われるダニーを見て、あの海外ミュージカルを思い出しました。

「ガイズ・アンド・ドールズ」です。

「ガイズ・アンド・ドールズ」でもギャンブラーのスカイが信心深い教団のサラに口づけて平手打ちを貰うシーンがあります。

ダニーの「快感だ」はさすがの返しですしスカイがキリスト教の教えにひっかけて「こっちの頬も殴りたいだろうから」と答えるのもシビれます。

宙組で「ガイズ・アンド・ドールズ」をやっても似合いそうです。
スカイ/真風涼帆、サラ/星風まどか、ネイサン/芹香斗亜、アデレイド/桜木みなと…とキャストを妄想すると違和感なくはまりそうです。

「ガイズ・アンド・ドールズ」は「オーシャンズ11」より役が少なかったりスターシステムと合致しない部分があるので難しいかもしれませんが、
宙男たちの「女神よ、今夜だけ」など最高に盛り上がりそうです。

以上、観劇の感想でした。
何度でも見たい舞台ですがチケットはあと1枚…大切に観劇したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください