メディア関連

柚香光の横顔の美/彩風咲奈の家と旅【宝塚GRAPH8月号】

おはようございます。ヴィスタリアです。

定期購読している宝塚GRAPHの2020年8月号を読みました。

例によってヴィスタリアの独断と偏見と偏愛で特に気になったページについて順不同で記事にしています。

表紙 Cover Special柚香光

GRAPHでは珍しい横顔のショットですが、れいちゃんの美しさのなんと鮮烈なことか。

ページをめくると白いジャケット×青いパンツのポートが、男役さんなのですが、男役を超えて美しいと思いました。

雰囲気、オーラを含めていままで見たことがないような、いまのれいちゃんだからこそのもののようでポートレートの傑作だと思いました。

あと髪を撫でつけた後頭部の形が惚れ惚れするくらい綺麗ですねえ。

ドアップもすごい。
化粧品かなにかの広告になるのでは?という美とインパクトがあります。

GRAVEL 彩風咲奈

1枚目の咲ちゃんすばらしい脚の長さと見下ろしてくる視線にやられました。

舞台もですが咲ちゃんのこの見下げてきたり白眼の効いた目が好きなんです。

ページをめくると表情豊かでかわいくて、はみだしSHOTを見るとまた脚の長さに「いったいどうなっているの!?」と瞠目しました。

今月ははみだしSHOTが多めまちくん(真地佑果)くっすー(諏訪さき)との韓国旅行のエピソードなどたくさん見る子ができました。

驚いたのはペットがフェレットのジェラルドくんだけでなく小さなワンコが増えていたことです。それも2匹も!

名前はエリックではなくシェリ(チンとチワワのMIX)とビケ(チワワ)とのことです。

編集後期で「家にいるの今だけだもん‼︎」という言葉があったことが明かされていますが、
多忙な生活のおうち時間をこの3匹が癒しているのでしょう。

礼真琴×愛月ひかる「あかねさす紫の花」誌上上演

待っていました!柴田先生の作品の誌上上演第2弾はこと愛(礼真琴・愛月ひかる)「あかねさす紫の花」です。

ことちゃん愛ちゃんもこのまま舞台で上演してほしい…と見惚れるかっこよさ、美しさです。

作品を選んだのは宝塚オタクを自認する愛ちゃん

私の方が上級生なので兄弟みたいな関係性のほうがうまく写真に出やすいのかなと思ったのと、こっちゃんに似合うだろうなと。
6ページあると伺ったので2人の関係性に変化のある作品が絶対いいと思って。

宝塚への愛が深い愛ちゃん、さすがのセレクトです。

ことちゃんは「完全なしゃべではない日本物の化粧は初めて」とお話されていますし、
愛ちゃんは宙組時代に日本物の芝居はほとんど上演がありませんでしたが、
星組公演で日本物が見られる日もきっと来ることでしょう。

撮影現場にはなこちゃん(舞空瞳)はじめ、組を超えてたくさんの生徒さんが見学にいらしていたようで、はみだしSHOTが豪華でした。

また愛ちゃんが柴田先生のエピソードを紹介されていました。

「黒い瞳」のときは柴田先生のお嬢様が代わりに舞台稽古を観に来てくださって、録音したものを先生に聴いていただき、ダメ出しをメールでくださったことがすごく印象に残っている。

柴田先生は最後まで演出家でいらしたんですね。

その他のページ

一言ずつですが触れさせてください。

◆スペシャル企画 各組通信
各組の全生徒さんの自撮り写真とメッセージがずらりと並んでいるのですが、生徒さんの自撮りが並んでいるのが壮観です。

みなさま美しいので美人、美人、美人…こんなに美しい方々の自撮りを一気にすることがないので新鮮です。

アプリで加工しているのかなという方、ナチュラルな方、好きなものの愛を叫んでいる方、個性豊かで興味深いです。

うみちゃん(海乃美月)の絵がうますぎるのと、カリ様(煌羽レオ)の守備範囲の広さに驚きました。

あとるりこちゃん(紫藤りゅう)の飼い猫ぺぺちゃんが好きなので見ることができてうれしいです。

◆Current 夢奈瑠音×瑠風輝
このコーナーは同期か1期違いの男役さんが対談していることが多くて2期違いは珍しいですが、
もえこちゃん(瑠風輝)は受験スクールでるねくんと同じ時期に通っていたことが
「波瀾爆笑!?我が人生」(宝塚GRAPH2020年4月)で描かれています。

もえこちゃん他に誰が呼んでいるのかしら?という愛称でるねくんのことを呼んでいて仲の良さが伝わってきます。

◆A GIRL 音くり寿
娘役さんのヘアメイク、衣装込みのトータル自己プロデュースを毎回楽しみにしているコーナーですが、おとくりちゃんが最高にかわいいです。

はみだしSHOTのポーズ、シチュエーションも最高にキュートです。

黄色のアイシャドウ×白の跳ね上げアイラインというかなり思い切ったメイクなのですが、奇抜にならないのがすごい!

ワンピースと足元の白い靴下×ゴールドのピンヒールのバランスもよくて小柄なおとくりちゃんに似合っています。

SHIROのヘアオイルはスカイステージのプリンセスレシピで遥羽ららちゃんもお勧めしていたアイテムかなと思い出しました。

◆波瀾爆笑!?我が人生 風間柚乃
毎月まっすくさんの絵には似ているなあ、生徒さんの特徴を捉えているなあと感心しきりなのすが、
おだちん(風間柚乃)、こういう顔する!」と思ったのが初観劇のときの茫然とした表情です。

そしてサンタさんが用意されあさこさん(瀬奈じゅん)の「ラスト・プレイ/Heat on Beat!」のチケットは日付が12月27日(日)って千秋楽じゃないですか。
用意したサンタさん、凄腕ですね。

そして受験の来宝が完全にファン目線で「あなたもこちら側なのね」と(勝手に)親近感を感じうれしくなりました。

◆Special Prtrait 月城かなと
れいこちゃんがどこか気怠い色気を漂わせた和服姿を披露しており、
整った美貌が

ヨーヨーで遊ぶ姿とのギャップも含めてたまりません。

いろいろと制約のある中で楽しい誌面を作ってくださった編集部さん、今月号もありがとうございました。
来月号も楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください