花組

移ろう時の真っ只中で〜明日海りお様と紅ゆずる様

こんにちは、ヴィスタリアです。

花組トップスター明日海りお様のご卒業を振り返る

昨日の花組「A Fairy Tale-青い薔薇の精-/シャルム!」大千秋楽ライブビューイングは別趣味のイベントで見ることは叶わなかったのですが、イベントを無事に終えてからSNSやメディアの記事で様子を追いかけました。

みりおちゃんの同期のお花渡しは中島亜里沙さん(現役名:羽桜しずく)だったそうですね。

月組時代をともに過ごした大切な同期ですものね。

SNSでは千秋楽やイベントに駆け付けたOGさんの書き込みも多数ありました。

みりおちゃんの相手役さんたちの豪華スリーショット。

同期のみりおちゃんのお手伝いに入られた夢咲ねねさんとやはり退団される同期のえみちぃさん(乙羽映見)のお手伝いに入られたあーちゃん(綺咲愛里)の夢のようなツーショット。

みりおちゃん(明日海りお)の退団の挨拶、カーテンコールの言葉に胸がじんわりとあったかくなりました。

いろいろと記事が出ていますがサンスポさんの記事が会見の一問一答を載せてくれています。

かねてからみりおちゃんの言葉の選び方、比喩の表現に個性と聡明さを感じていましたが、この一問一答にもそれがぎゅっと凝縮されていて素晴らしいです。

特に印象的なのがこの2つです。

(宝塚はどのような場所だった)

初日の会見でも申し上げましたが、すべて。夢も、憧れ、大好きも、ご褒美みたいな感じもある。

つらいことももちろんあったし、責任もあった。自分の仕事でもあったし、でも、自分にとっていろいろな要素がつまった場所だと思います。

明日からはそれにプラス『我が心の故郷』が加わるなと思います。まだ故郷というのは寂しい。
まだ近所くらいにしておきたいです。

(自身にかける言葉。これからの劇団に送る言葉は)

明日海りおにかける言葉は『宝塚が大好きだったんだね!』。
自分がファンになったときの男役、もちろん娘役も素敵すぎて憧れの思いが強かった。すべて終えた今も到達できません。

もっともっとあんなことも、こんなこともできるようになりたかった思いがある。そこまで好きだったんだなと思う。
だからこそ後輩たちへ夢の続きを託します。

これからどんどん、今より素敵になっていくのを見るのが、これから生き甲斐になっていくと思う。
みんなには宝塚でしかできないこと、今しかできないことを心ゆくまで突き詰めていってほしい。
その中で、宝塚らしさというものを見失わず。清く、正しく、美しく、健康に気をつけて頑張ってほしいという言葉を。

この「自分がファンになったときの男役、娘役にいまでも到達できない」というのはファンの心の芯のようなもので、みりおちゃんは会見で「仕事」という言葉を使われていますが、
タカラジェンヌという仕事をしながら永遠にファンとして宝塚に、男役に憧れを抱き続けていたのだと思いました。

そのファン時代に抱いた憧れを失わずにいたみりおちゃんにどれだけの後輩やファンが憧れときめいていたことか。

齋藤孝先生の言葉「憧れに憧れる」ーーなにかに憧れ追求する姿勢を見せることで自分もまた憧れられる存在となるーーを体現されていたのだと思います。

ほかにもたま様(珠城りょう)だいもん(望海風斗)へのあたたかい言葉がありました。

そして「よくぞ言ってくださった」と深くうなずきながら読んだのがこの質問に対する答えでした。

(今後の予定、結婚の予定は)

(結婚の予定は)まったくありません。寿の予定があるという人も今後はいないと思います。
とりあえず明日は何も予定は入れていません。

トップスターの退団会見で必ずあるこの質問、いくら宝塚歌劇団の在団の条件が未婚の女性という特殊なものであったとしても時代錯誤で失礼で下世話で「メディアの仕事はそういうことを質問し報じることではないだろう」と呆れるのですが、
それを非常にふんわりとオブラートに包みつつ柔らかく釘をさし、しかもユーモアも忘れないのはさすがです。

紅ゆずる様 退団後初のコンサートのヴィジュアル&動画公開

この結婚に関する質問の返し方で「うまい」と思ったのがもう一人のさゆみさん(紅ゆずる)です。

べにあーの退団会見が相思相愛こんばんは、ヴィスタリアです。 昨日退団が発表された星組トップコンビべにあー(紅ゆずる・綺咲愛里)の退団会見のニュースを見...

さゆみさんは「宝塚で結婚は綺咲愛里としました」と会見で答え、
実際にさよならショーはべにあーの結婚式のような、相思相愛の名コンビであったことが感じられるものでした。

そのさゆみさんの退団後初のコンサート紅-ingのビジュアルとコメントが公開されました。

さゆみさん、超端正でございます。
濃いめのネイルにゴージャスなアクセサリーで、男役の女装ではなく、女性的でありながら中世的で……性別なんてどっちでもいいんですね、素敵なんですから。

初のコンサートは紅5が再集結するとのことでとても楽しみです。

さゆみさんのコンサートでこのメンバーが揃って楽しくないわけがない!

出演者も豪華で大好きな流し目ブラックこと美弥るりかちゃんも出演されますし、としさん(宇月颯)も出演されますし、何としても観に行きたいです。

新VISAイメージキャラクター永久輝せあくん、始動

そして今日からVISAのひとこちゃん(永久輝せあ)のページがオープンしました。

ひとこちゃんのメッセージがとても素敵です。
撮影のこと、雪組への思い、だいもんあーさ(朝美絢)、ともに組替えするひらめちゃん(朝月希和)のこと。

組替えで同じく花組と雪組を経験されている元雪組トップスター壮一帆さんの言葉が経験者ならではの言葉で印象的でした。

空港や街頭で見かける看板なども今日から変わっているでしょうか。
時代が変わるのを感じながら、これからひとこちゃんのメッセージを楽しみにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    朝見たスカステのニュースで、明日海さんが千秋楽挨拶で「街で声掛けてもらってOK!」と言ってたので、昼は銀座の中央通りをそぞろ歩くかなーと思っていたら、今日は忙しくて仕方なく近くの店で済ませました。もう花組さんは今日帰っちゃったんだろうなー。

    永久輝さんのメッセージ読みました。真面目なお人柄が文面に現れてるなーと思いました。
    でも可笑しかったのは朝月さんのことを「ひらめさん」→そのあだ名にさん付けですか。後輩にも慕われているんですね。ひらめちゃん。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      明日海さんの「見かけたら声をかけてください」はトップスターなのに…と驚きました。

      退団後に七海さんと美弥さんも同じこと言っていましたが(それぞれ別の場所で)、畏れ多くて…もし見かけたら心臓が止まりそうです。

      花組さんは帰ってしまわれたんですかね。
      次の集合日まで数日でしょうから大変だなあと毎度ながら思います。

      ひらめさん…たしかに、下級生だと「朝月さん」「希和さん」になりそうですし、メッセージ中の望海さんと朝美さんは芸名に近い呼び方ですよね。

      舞台のことはもちろんですがそういうお人柄もあって一瞬に花組へ組替えになったのかな…と思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください