宝塚

月組新人公演の配役に思うことと、4月からの宝塚歌劇のこと

こんばんは、ヴィスタリアです。

月組「ピガール狂騒曲」新人公演主演は礼華はるくんときよら羽龍ちゃん

月組「ピガール狂騒曲」新人公演の主な配役が発表になりました。

ジャック/ヴィクトール礼華はる珠城りょう
ガブリエルきよら羽龍美園さくら
シャルル風間柚乃月城かなと

101期のぱるくん(礼華はる)が新人公演初主演です。

そして104期のおはねちゃんが初ヒロインとなりました。

ぱるくん、おはねちゃん、おめでとうございます!

ぱるくんは昨夏の「チェ・ゲバラ」、前作「I AM FROM AUSTRIA」新人公演のリチャード役(本役 月城かなと)と活躍が続きますね。

おはねちゃんは研2になる前にバウ「アンナ・カレーニナ」のキティ役に抜擢され見事に歌い演じ、
本公演でも目立つところにいましたので新人公演のヒロインが初めてであることが意外なくらいです。

104期のヒロインは花組の都姫ここちゃんあわわちゃん(美羽愛)に続いて3人目です。

そしておだちん(風間柚乃)が新人公演でれいこちゃん(月城かなと)のお役を演じるのは
「All for One」「エリザベート」に続いて3回目になります。

また「夢現無双」ではれいこちゃんの休演時に代役をつとめています。

それを思うと他の男役さんがれいこちゃんの役から学ぶ機会であってもよかったような気もします。

その他の配役の発表も待ち遠しいですが、
特に気になるのがまおまお(蘭尚樹)の役どころです。

100期のまおまおにぜひ新人公演主演を…と願っているのですが、今回は主な配役にお名前がありませんでした。

次回本公演が日本物の「桜嵐記」ですから、日舞もすはらしいまおまおが主演するのだと待っています。

音楽学校の合格発表

今日は宝塚音楽学校の合格発表で、例年とは違う春の風景となりました。

本科生が開く合格者番号の掲示はなし、ネットでの確認です。

また受験者数の減少も報じられました。

今回の新型肺炎の影響もあるのでしょう。

入学式は4月17日とのことですが、無事に実施されるでしょうか。

このころには平和な日常が戻っていたら…と願わずにいられません。
が、4月はさらに厳しくなるという見方もあります。

新型肺炎の爆発的感染と宝塚歌劇のこれから

小池都知事が昨夜の会見で不要不急の外出の自粛要請がなされ、その動きは首都圏一円に広まりました。

映画館も駅ビルも今週末の休業が発表されました。

が、この週末の外出自粛くらいでは押さえきれないのではないかと欧米でのパンデミックを見ると思います。

感染者数・死者数は増加し続け病床や医療器具の不足も深刻で、遺体安置所が用意されたりしているそうです。

アメリカでは人口密度の高いニューヨークで感染拡大がとまりません。

この記事を読むと東京も、日本もこうなってしまうのでは…と恐れています。

都心でなんでもあって便利であることの反面、人口密集地がゆえに感染拡大のリスクを招くとはなんという皮肉でしょう。

それは演劇にも通じるものがあります。

記事から一部引用いたします。

「同じ時間と空間に人間がひしめき合い、リアルな体験をできる演劇の強みが、今は弱点になっている」
無観客で上演した舞台を映像配信する例も出てきた。ネットやスマホを使えば人と接さずに生きていける時代、観客の心の中で完結する演劇という表現が、どう存立していくかが問われている。

胸にずっしりときました。
舞台上の演者と客席が同じ空気を吸い同じ作品に関わるという演劇、舞台のかけがえのない魅力がいま、感染拡大のリスクと隣り合わせのものになってしまっているのを痛いほど感じているからです。

上演配信という手法はたしかに、劇場という場にアクセスしなければいけない、空間を共有しなければいけないというリスクを排除することはできます。

資金を回収する一助にもなるでしょう。
チケット代が返金になる分愛するものに課金したいと望むファンもいるでしょう。

しかし客席に観客がいてこその舞台であり、客席で見る生の舞台の醍醐味が何物にも変えがたいことを知っている身としては、無観客での上演の寂しさが痛いほどこたえます。

いままでは労働、経済活動がさほど自粛されないなかスポーツ、文化系イベントに自粛の要請がされていることに大きな疑問を感じていました。

また自粛の要請ではなく中止を命じると同時にまっとうな休業補償を打ち出すべきという思いは今も変わりません。

宝塚歌劇はいまのところ3月いっぱいの公演中止を発表していますが、おそらくこのままでは4月になっても再開できないでしょう。

先の状況が見通せずなかなか公演を実施できないなか、特別番組のスカイステージ配信、ネット配信、あるいは映像はなくともホームページでのメッセージなど宝塚とファンをつなぎ、かつ経済をまわす仕組みを考えてもいいのでは?と思ったりします。

ファンとしてもうれしいですし「ああ、贔屓は、あのスターさんは、この生徒さんは元気にしているのね」と大いに励まされ次に舞台を見るときまでの励みになります。

有料にすること躊躇するようでしたら基本は無料で寄付制度といいますか、
クラウドファンディングではないですが課金したい人は課金でる仕組みで支援ができのるのであればヴィスタリアはしたいです。

SNS活動をしないのが宝塚歌劇団のポリシーでありブランドだと思うのでSNSとは違う形で、
劇場がお休みしている間にこそできる新たなことを模索してもいいのでは?と思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん

    小池都知事の要請を受け、自宅で在宅勤務という名の引きこもり生活です。かったるいですね。

    公演をライブでスカステで放送してくれること、年末のタカラヅカスペシャルといい、雪組Once Uponといい、とてもありがたかったですし劇団には感謝です。しかしながら、カメラワークで見るところを指定されるというか、自分の見たい組子を見れないというか、やはり実際の観劇に勝るものはないなーと思いました、

    あと心構えの問題ですが、観劇だとこの場面は一期一会だから!と気合を入れているので感激もひとしおですが、スカステ放送だと「録画もしてるしなー」という気の緩みからか、斜に構えた姿勢で、結果舞台に入り込めないかんじです。まだまだヅカファン初級者です。

    4月のチケット、宙組の壮麗帝とサパ、星組東京公演が1枚ずつあるのですが、、、その日だけでもやってくれー、と超自己中なことを思ったりします。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      自粛要請、うんざりしますね。
      自粛の要請というふしぎな日本語といいますか、実質禁止の判断と責任を丸投げしつつ補償はしないというやり方にうんざりです。
      しかも補償が牛肉券とかお魚券とか噴飯物です。

      スカステの放送で集中するのは難しいですよね。映画を映画で見るか家で見るか、それもCMの入るもので見るか見ないかの違いではないでしょうか。
      前回の雪組ワンスのとき、宅急便の再配達を頼んでいてどうしても対応しなければいけませんでした。
      映画館ならこういったことはありません。

      そして見たいお目当ての組子を見たいというお気持ち、よーーーーくわかります。
      推しカメラなどでカメラワークが選択できればいいんですけれど。

      うみひこさんが壮麗帝が4月もあるんですね。私は壮麗帝は幻となりました。

      スカステで稽古場の様子を拝見しているとこのような状況でも必死で一生懸命お稽古されている生徒さんたちに胸がいっぱいになります。
      上演させてあげてほしい、そして観劇したいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください