観劇の感想

雪組「Music Revolution!」初日観劇の感想〜暑い夏を雪組が熱くする

こんにちは、ヴィスタリアです。

雪組「Music Revolution!」の東京宝塚劇場の初日を見ての、ヴィスタリアの独断と偏見と偏愛に満ちた感想です。

全体の感想とプロローグ

宝塚ファンに長いブランクを経て復帰して約1年、中村B先生こと中村一徳先生のショーを観劇するのは今回が初めてでした。

噂には聞いていましたしあやなちゃん(綾凰華)もラジオでお話されていたようにすごかったですし踊りまくりでした。

まるで中詰が何度もあるかのようなショーで興奮に次ぐ興奮が次々と押し寄せてきてに大いに盛上りました。

見ている方は楽しいですけれど生徒さんは大変ですね。
…と言いながらこの中村一徳先生のショーをこっとん(礼真琴・舞空瞳)の新生星組で見られると思うとワクワクする気持ちもあります。

また初日の挨拶でだいもん(望海風斗)が「「壬生義士伝」と「Music Revolution!」は相性がいい」といった主旨のことをお話されていましたがまさにその通りだと実感しました。

だいきほのショーはこれが3作目ですがこの「Music Revolution!」が一番好きです。

プロローグ は黒✖️シルバーの衣裳がかっこよくてテーマ曲もよくて、だいもん(望海風斗)のアクセル全開の歌も最高で幕開きからめちゃくちゃ盛り上がりました。

まあやちゃん(真彩希帆)が誰よりも男前に踊りオーラを放っている瞬間がありってかっこよかったです。

Love Revolution ではカチャさん(凪七瑠海)ひらめちゃん(朝月希和)と絡んでいて新鮮でした。

カチャさんもかっこいいしひらめちゃんもかわいいし、ひらめちゃんが娘役さんとしてカチャさんを一層すてきに見せてくれていて、こういう場面を見ると幸せになります。

革命と独立

スパニッシュな香りの場面、衣裳がかっこいいです。

2階後方からで帽子であまりお顔が見えなかったのが残念ですが、ちらりと見える瞬間がたまらなかったです。

次に観劇するときじっくりしっかり見たいです。

Jazz Sensation!

Bryant Baldwin氏の振付がすごかったです。

さきちゃんのこういう場面はダンスのうまさといいスタイルのよさといい、一際光っていてかっこよかったです。

そしてあゆみさん(沙月愛奈)のダンスに目を奪われることが多かったです。
「ファントム」の従者もキレキレでしたが、すごい!

中詰Classic World

クラシックの名曲(「新世界」「革命」「ラ・カンパネラ」「威風堂々)をアップテンポにして歌い継いでいくのが雪組らしい、歌うまのだいきほらしい中詰でとっても楽しかった です。

次から次へとスターさんが出てくるので目がいくつあっても足りません。

東京公演のお楽しみのひとつに「宝塚GRAPH」で衣裳の解説を読んでから見られることがあると思うのですが、だいもんの衣裳が赤とピンクであることが劇場だとよくわかります。
アクセサリーなどに注目するのも楽しいです。

Dance Revolution!

ひとこちゃん(永久輝せあ)のラジオで聞いたときからこの場面を見るのを楽しみにしていました。

沖田総司を演じるということ。ダンスレボリューションのこと。〜永久輝せあくんのラジオこんばんは、ヴィスタリアです。 radikoのエリアフリーでラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」を聞きました。 ゲストは雪...

ひとこちゃんのていねいに思いの込められた「カノン」の歌唱から始まって、圧巻のダンスでした。

最後の大技には最大級の拍手がわき上がっていましたし、大技だけでなくとにかく最初から最後までダンスが、こめられた熱量と気迫がすごくて釘付けになりました。

またこの公演で退団されるJIJIくん(鳳華はるな)のソロに大きな、あたたかい拍手が贈られていてジーンとしました。

Music is My Life

中詰後の生命がテーマになっていそうな(?)、あるいは幻想的な場面は置いてけぼりになることもあり、この場面に入り込めるかどうかは好きなショー作品の基準の一つかもしれないと思うことがあります。

この場面、テーマも曲もよくて好きだなあと思いました。

89期のだいカチャ、あゆみさんがアドリブで絡んでいてうれしかったです。

また動きが非常にダイナミックな男役さんがいて目を引くと思ったらまなはるさん(真那春人)でした。

フィナーレ

なんといっても男役さんの黒燕尾 が最高にかっこよかったです。

だいもんを筆頭にかっこいい男役さんたちが勢ぞろいしているなか、凪様(彩凪翔)の存在感と見せ方の美しさに目を奪われました。

芝居でも思いますが凪様がいるとその場面がぐっと引き締まる感じがします。

トップコンビのデュエットダンス は「愛の夢」に乗せてで、美しい曲と薄紫色の夢々しい衣裳で紡ぎ出されただいきほの世界にうっとり酔いしれました。

パレード のエトワールはなーこちゃん(羽織夕夏)でした。

ところで雪組はどうして娘役さんが1人も階段下りをしないのでしょうか。

芝居で娘役さんの出番や役が少なかったのですからショーで配慮の一つとして階段下りがあってもいいと思いますし、階段下りをしない理由がない娘役さんもいると思うですが、解せません。

ところでこの日ヴィスタリアは2階の上手、ほとんど壁際の席だったのですが、階段を下りてきて一旦袖に捌けるとき、あーさ(朝美絢)が2階席をしっかり長めに見てくれて悲鳴をあげそうになりました。

最初から最後まで大盛上りで55分が一瞬でした。
今回は2階後方で全体を見たので、次は自分なりのお気に入りポイントを見つけながら観劇するのが楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    二階の端の席だということでしたが、ここまでしっかり見ていらっしゃるんですね。すごい。私なんか一階の前の方の席でしたが、なんとなくぼんやり見てただけでした。

    客席降りの時、踊っている男役さんのお顔は汗だくでした。こんなハードなショーを真夏の東京で1ヶ月以上するのは大変だなーと思ってしまいました。自分だったら数日でギックリ腰を再発しそうです。。。

    今朝のスカイステージのタカラヅカニュースでこの初日のダイジェスト映像をやってまして、凪七さんと朝月さんのダンスのシーンがありました。ひらめちゃんはいつも嬉しそうに踊ってくれるので、こちらまで楽しくなります。
    また観に行くのが楽しみです。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      私は2階席で見ることが多く(1階前方の良席を自力で取れないという事情もあれば、全体を見るのが好きという理由の両方で)場所はあまり関係ないといいますか、宝塚歌劇は後ろから全体を見た方がよくわかると感じることがあります。

      あとは8倍のオペラグラス(S席の値段くらい)がたいへん見やすく重宝しています。

      雪組は昨年も今年も夏の東京公演で、今年は特に踊りまくりでハードですね。
      次は1階なので(通路側ではないのですが)、舞台と同じフロアで熱気を感じられることが楽しみです。

      朝月さん、いいですよね。
      なんといっても「ファントム」のベラドーヴァの涙を流しながらの演技が印象深いのですが、今回ショーで実力があるのはもちろんのこと、男役さんをすてきに見せてくれる娘役さんだと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください