雪組

雪組 稀有なトップコンビが夢を叶える演目と、見たい演目

こんばんは、ヴィスタリアです。

先日、雪組本公演の次回作が「壬生義士伝/Music Revolution」と発表されました。

今年春の全ツが幕末物の「誠の群像」で演出も石田先生が続投。
ショーの中村B先生は「ファントム」から続投で、これを見ると劇団に計画は本当にあるのかしら?と疑問に思ってしまいます。

今日は雪組トップコンビのだいきほ(望海風斗・真彩希帆)について考えてみました。
……考えたというより毎度のことではありますがヴィスタリアの感想、妄想です。

これまでもゴールデンコンビと言われる人気トップコンビ、名コンビはいたと思いますが、だいきほ(望海風斗・真彩希帆)にはいずれとも違う新しいコンビ像をイメージするのです。

宝塚ファンは夢をかなえる瞬間に立ち会っている

過日、雪組「ファントム」制作発表のパフォーマンス映像のノーカット版がようやく公開され、そしてヴィスタリアもようやく見ました。

またオンデマンドで公開されただいきほのBrilliant Dreams+NEXTを見ました。
ヴィスタリアはスカステ難民なのでオンデマンドで配信されるだけでもうれしいのですが、配信されたのは「Home」の歌唱の約4分のみです(涙)。

これは4年前の番組で、当時まあやちゃんは星組花組にいたのですね。
(すみません、コメントで間違いをご指摘いただきました。
訂正いたします。)
このとき誰がこの2人がトップコンビとなり「ファントム」に主演すると予想していたでしょう。

だいもんは今回の「ファントム」の制作発表でこんなことを話しています。

花組時代、2度『ファントム』に出演させていただきましたが、初めての出演時から音楽に魅了され、また、この作品ならではの人間模様に心をつかまれ、いつか、できることなら主人公・エリック(ファントム)を演じて彼の心の中を覗いてみたいと思っていました。

「ファントム」のタイトルロールはだいもんの夢だった のですね。

そしてまあやちゃんもまた、クリスティーヌ役を望んできたのが伝わってきます。

宝塚歌劇団に入団する前からこの作品の大ファンだったので、今回のお話をいただき、夢のようで、幸せな気持ちでいっぱいです。

だいきほそれぞれが望んでいた作品に望んでいた役で主演し、そして相手は4年前は別々の組にいた同じ組にいながら、組替えを経ていま雪組のトップコンビとしてそれが実現したわけです。
運命的ですし、ファンは タカラジェンヌが夢を叶える瞬間に立ち会っているのだと思いました。

初セリフを喋った、新人公演で○番手の役がついた、通し役がついた、本公演のショーの○人口に入った、バウ主演した…など、一つひとつの夢を叶えるのを応援し、実際に目撃しお祝いしている面が宝塚ファンにはあるのではないでしょうか。

相手役選びにトップスターの意向はどの程度反映されているのか

男役はスターシステムがあってある程度のトップスターまでの道筋が見えますが、 娘役は路線に乗っていてもトップ娘役になれるかはなかなか見通せません。
(ヒロインの続いていた娘役さんがトップ娘役になれないこともあって切なくなるのですが)

相手のトップスターとの相性が大きく影響するからだと思うのですが、ではトップスターの意向はどの程度反映しているんでしょうか。

これも真相はわかりませんが、ヴィスタリアはなんとなくトップスターの意見を劇団が聞く機会はあるのではないかと推測しています。

劇団の意向を通す場合もあればトップスターの意見が通る場合もあるのではないか?と、人事を見ているといろいろと勘ぐりたくなります。
(すみません、下世話で。)

特に 遅咲きのトップ娘役はその誕生が劇的なこともあり、トップスターが相手役に強く望んだのではないか?と思いたくなりますが、知る術はありません。

相手役選びにトップスターの意向を聞いている?根拠

根拠というほどのことでもないのですが、ヴィスタリアがこうして書いている妄想にも一応よりどころがあるのです。

ヴィスタリアが第一次ヅカファンだったころ、星組トップ娘役は白城あやかちゃんでした。
あやかちゃんは花組→星組に組替えをして、トップ娘役になりました。

シメさん(紫苑ゆう)が花組の舞台を見て「あの子、あんたの相手役にええんとちゃう?」と言われて(たしかネッシーさんこと日向薫さんからだっと思うのですが、記憶違いかもしれません)、シメさん自身もあやかちゃんを望んでいた…というのを当時の「歌劇」かなにかで読んだ記憶があります。

話の真相は定かではありませんが、シメさんがあやかちゃんのことを大切にしていたのはあらためて触れるまでもないでしょう。

やや話が逸れますが、あやかちゃんが花組にいたときヤンさん(安寿ミラ)も“あの子いいな、でも並ぶと身長が合わないかな“と思っていたというエピソードも目にした記憶があります。

話の真偽はどうあれ、シメさんとあやかちゃん、そしてヤンさんと森奈みはるちゃんのコンビで本当によかったとヴィスタリアは思います。

だいきほ誕生は望海風斗様の意向が通ったのではないか?

だいもんの相手役はまあやちゃんを置いて他にいないと思いますし、真相はわかりませんがだいもんは「トップになったときの相手役は真彩希帆」と心に秘めていたのではないか?とヴィスタリアは思っています。

そしてだいもんの希望と劇団の思惑が一致してだいきほコンビが誕生したのではないかと考えたくなります。

それはだいきほというコンビに特殊性、新しいコンビ像を感じるからです。

この新しいコンビ像はコンビとして男役と娘役が寄り添うのではなく 舞台人 望海風斗と舞台人 真彩希帆が魂と魂をぶつけあって対峙しているイメージです。

ときとしてトップ娘役は“嫁”とファンから呼ばれます。
まあやちゃんについて「だいもんはいいお嫁さんをもらったな」と思うのですが、まあやちゃんは決して寄り添うだけの嫁ではないと思うのです。

芝居、ダンス、そして劇場いっぱいに響き渡る美しい歌、いずれもだいきほは魂と魂がぶつかり合い火花が飛び散るような手合わせを見ているような、そうすることで 互いに高め合っているのをヴィスタリアは感じます。

だいきほの雪組で見たい演目を考えてみる

「ファントム」はだいきほの夢の実現する演目ですが、これからどんな演目が見てみたいか考えてみました。

真っ先に思い浮かんだのが野田秀樹氏の「贋作 罪と罰」です。

バチバチと火花を散らすシーン、ヒロインが心を洗うように泣くところをだいきほで見てみたいと思うのですが、これも幕末物ですしそもそも宝塚では叶わぬ夢です。
(妄想した時点では「壬生義士伝」が発表になっていなかったのです。)

ハッピーエンドならミュージカル「キス・ミー・ケイト」なんかどうでしょう。
宝塚ではしばらく再演がありませんが権利上の関係でしょうか。
じゃじゃ馬ならしなんて、魂と魂でぶつかり合うだいきほにぴったりではありませんか。

そしてシェイクスピアならラブラブで面白味のある「十二夜」もよさそうに思います。

しかし男装となると宝塚では娘役さんがするのは難しいでしょうか。
いやいや、まあやちゃんならいけるのでは……。
でもキャストの数としては別箱になりそうです。

東宝「モーツァルト」もだいもんに似合いそうですし歌うまのだいきほに合うと思うのですが、役とスターシステムが合わないという問題がありそうです。

こうして考えてみて、一番観たいのはオリジナルの当て書きの佳作だと心底思います。

「琥珀色の雨にぬれて」再演
「ひかりふる路」オリジナル
「誠の群像」再演
「凱旋門」再演
「ファントム」海外ミュージカル再演
「20世紀号に乗って」海外ミュージカル初演
「壬生義士伝」原作もの

唯一オリジナル初演なのは「ひかりふる路」だけです。

いろいろと書いてきましたが、だいきほの夢が叶う瞬間である「ファントム」はこの目で劇場で目撃したいところです。
そして稀有なトップコンビが引っ張る雪組に注目し、オリジナルの佳作が当たることに期待したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけたらうれしいです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. 通りすがり より:

    「これは4年前の番組で、当時まあやちゃんは星組にいたのですね」と書いておられますが、当時は花組に所属していて星組への組替えが決まっていた時期(だいもんは花組から雪組への組替えが決まっていた時期)と記憶しておりますが、如何でしょうか?

    • vistalia より:

      通りすがり様

      はじめまして。ご指摘いただきましてありがとうございます。
      該当箇所を訂正いたしました。
      花組にいただいもんとまあやちゃんが、雪組で再会したのですね。

      記事を書く際に調べるようにしているのですが調べ方が足りませんでした。
      今後このようなことがないよう気をつけます。

  2. 溝の豆腐 より:

    興味深い話題をいつもありがとうございます!全く私も同じように考えております。ブリドリ公開収録は、バウでありがたく、拝見できたのですが、2人とも組替え前、花組エリザベートの東京直前のイベントでございました。
    天使の歌声を2人で披露した直後、
    望海さんが
    「(これ一回じゃなくて)何回も一緒に歌っていたいよね!」という2人で歌う満足感をこれっきりで終わらせてなるものかと私たちに思わせるコメントを残しています。この瞬間から私たちは、真彩ちゃんが望海さんのパートナーだ!と新しい娘役トップの誕生を期待し、現在に至るわけでございます。

    • vistalia より:

      溝の豆腐様

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      そして間違いをご指摘いただきありがとうございました。

      またオンデマンドでは歌唱のみの公開で、当時私は宝塚から離れていた時期だったので、だいもんのコメントや雰囲気を教えていただけてうれしいです。

      すばらしいコンビの舞台を見られてうれしいですし、もっともっといろいろなだいきほが見てみたいと思っています。
      まずはお2人の夢が実現する「ファントム」を劇場で見られるのが楽しみにです(チケットはこれからなのですが)。

  3. はろ より:

    こんにちは。初めてコメントいたします。
    私もだいきほのファンです。
    ファントムも、何とかチケットを手に入れ、とても楽しみにしている所です。
    さて、嫁取り問題(?笑)についてです。以前私が見た瀬奈じゅんさん、彩乃かなみさんのトークショーで聞いた話ですが、トップ娘役については、その時の状況に応じて劇団が決めるときもあれば、トップ男役がリクエストする時もあるとのことです。
    あさこさんは、誰がいいかと聞かれて以前から親交があった彩乃かなみさんを指名した、とはっきり公言されていました。
    その後の(私の永遠のご贔屓)霧矢大夢さんは、次のトップ娘役の蒼乃夕妃さんです、と紹介された…と何かでおっしゃっていたのを記憶しています。すみません、こちらはうろ覚えです。
    あと、ここからは私の妄想なんですが、まあやちゃんが星組に行ったのは、大作である「ガイズ&ドールズ」のアデレイド、誰でもできるものじゃないオペレッタ「こうもり」のヒロインの、新公のための組替えではないか…と思っています。その間にだいもんからのリクエストがきて、さらに雪組へ。なんてね。はい、妄想です。ごめんなさい!長文で失礼しました!

    • vistalia より:

      はろ様

      はじめまして。コメントいただきありがとうございます。

      だいきほのファンで、そして霧矢大夢さんがご贔屓でいらっしゃるのですね。
      先日「タイタニック」で退団以来はじめてきりやんの舞台を拝見しました。
      すばらしかったです。歌も演技もですが、存在感と華も圧巻でした。
      (きりやんのインスタ、かわいくて好きでよく見ています)

      そして貴重なお話を教えていただきありがとうございます。
      瀬奈じゅんさんと彩乃かなみさんはそんなエピソードがあるのですね。
      今年4月に瀬奈さんご出演の「トロワ・バイオレット」を観た際に「あさこちゃんの隣にはやっぱりみほこちゃんにいてほしい」と仰せの方がいて、わかるなあと思いました。

      同じ月組でもきりやんとまりもちゃんは違って、そのときの状況などで変わるのでしょうね。
      でもきっとだいきほはだいもんの希望があったと信じています(発表されるわけではありませんから妄想ですが、でも信じたいです)。

      まあやちゃんの星組時代の新公をまだ見られていないのですが、先日別の方からも「ガイズ・アンド・ドールズ」の新公がすばらしいと聞いたのでチェックしてみたいと思います。

      だいきほの「ファントム」「20世紀号に乗って」どちらも劇場で観られるようチケットがんばります。

  4. ささめ より:

    こんにちは。
    トップに相手役を選ぶ権利があるか否か?
    たぶん人それぞれで違うと思います。
    シメさんの希望はあやかちゃんではありません。シギちゃん、毬藻えりさんです。
    南風まいさんの退団でシギちゃんはネッシーさんの相手役になりましたが、シメさんもシギちゃんも互いの相手役になることを切望していました。
    しかし劇団はあやかちゃんをシメさんの相手役にするべく、シギちゃんにネッシーと退団せよとの厳命。
    シメさんはシギちゃんと劇団に直訴までしましたが却下されました。
    あやかちゃんはシギちゃんが退団するまでシメさんに愛称で呼んでもらえなかったそうです。
    シギちゃんは自分のファンに「これからはあやかちゃんをシメさんの相手役として応援してあげて」とお願いして退団していきました。
    誰が悪いわけではない…強いて言うなら実力もないのに長くトップをやり続けたネッシーさん…辛い出来事でした。
    こんなこともあったのだと心に留め置いていただければと、古い話を致しました。

    • vistalia より:

      ささめ様

      はじめまして。コメントいただきありがとうございます。

      そしてシメさんとあやかちゃん、そしてシギさんについて教えていただきありがとうございます。

      シメさんはシギさんとのコンビを望んでいらしたのですね。
      そしてまたシギさんもネッシーさんとの同時退団ではなくシメさんとコンビを組まれることを望んでいらしたのですね。
      初めて知り勉強になりました。

       私自身がファンなったのが80周年以降でネッシーさんとシギさんのコンビのときのことを知らず、またシメさんとあやかちゃんが舞台映像や歌劇誌で仲よさそうにしていたので、愛称のエピソードは驚きました。

       シメさんとあやかちゃんにそんな時期があったなんて、今でもシメさんの「再会」にあやかちゃんがゲストで出演されていたり仲良くされていそうなので信じられませんが、それほどシメさんとシギさんに強い思いがあったと想像すると切なくなります。

       ネッシーさんの作品は「紫禁城の落日」を映像で20年以上前に1回見ただけで記憶が曖昧なのですが、シメさんにはもっと長くトップをやってほしった(もっと早くトップになってほしかった)と思うことはありました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください