花組

花組2019年大劇場公演発表! カサノヴァと言えば…

花組の次々回の大劇場公演が発表になりました。

祝祭喜歌劇
『CASANOVA』
作・演出/生田 大和
18世紀イタリア・ヴェネツィアに生まれ、ロココ文化華やかなりしヨーロッパ諸国を跳梁(ちょうりょう)した稀代のプレイボーイ、ジャコモ・カサノヴァ。詩人や作家、聖職者、政治家、詐欺師、錬金術師、そしてスパイ……様々な貌(かお)を持つカサノヴァが辿った数奇な人生を基に、愛と夢に彩られた冒険譚を明日海りお主演のオリジナル・ストーリーで綴るスペクタクル・ミュージカル大作。
数度にわたって繰り返し映画などの題材とされてきた「世界の恋人(カサノヴァ)」が、新たな物語、音楽と共に宝塚歌劇の舞台に蘇ります。
 
数々の女性と浮名を流し、ヴェネツィアの風紀を乱した罪で「鉛屋根の監獄」に投獄されたカサノヴァは周到な計画を立て、見事脱獄を果たす!! ……折しもヴェネツィアはカーニヴァルの日を迎えている。その人混みに乗じて逃亡を試みるものの、脱獄したカサノヴァがカーニヴァルに紛れている事に気がついた街の女達がこぞって彼を助けようとしたばかりに、かえって大騒動となる!! ……その最中、カサノヴァは一人の女性と出会う。修道院での行儀見習いを終えたばかりというヴェネツィア大公の姪、ベアトリーチェ。彼女との出会いが、カサノヴァの運命を大きく揺り動かして行く。
理想の愛を求め、彷徨い続けるカサノヴァが最後に辿り着くところとは……
水上都市ヴェネツィアを舞台に、
カサノヴァの新たな冒険が今、幕を開ける……!! 
 
カサノヴァといえばヴィスタリアのなかではシメ様(紫苑ゆう)の退団公演「カサノヴァ 夢のかたみ」です。
映像でしか見ていないのですが、シメ様の美しさ、あやかちゃん(白城あやか)の美貌のポンパドゥール夫人、星組の濃ゆい舞台だったと記憶しています。
あとなぜか「諸悪の根源〜♪ ポンパドゥール〜♪」というコーラスを今でも覚えています。
 
しかし今回は全然違う作品ですし「祝祭喜歌劇」と謳っているくらいですからみりゆき(明日海りお・仙名彩世)の退団公演ではないように思いました。
 
この短い紹介文を読んでヴィスタリアが思ったことは、
・みりおさんの色々な演技や扮装が楽しめそう。錬金術師にスパイ…きっといろんな貌を見せてくれる。
・カサノヴァと花娘たちの数々の恋模様が描かれていてほしい。層の厚い花娘のかわいさに目移りしたい。風紀を乱して投獄されたくらいですからすごそう。
・そんなカサノヴァの運命を変えるであろう美女ゆきちゃん(美女に決まっています)。見たい!
 
次の「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」のチケットさえこれからだというのに、チケット取れるようがんばらなくてはと思ったヴィスタリアでした。

ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください