宝塚

宝塚が再開するとき。遠征できるようになるとき。【コロナ禍以降の劇場】

こんばんは、ヴィスタリアです。

劇場の再開はステップ2 東京都がロードマップ発表

小池都知事が会見し東京都が自粛・休業要請緩和に向けてのロードマップの詳細がわかりました。

記事によれば国が緊急事態宣言の解除を検討している25日以降の緩和を見込んでいるとのことです。

記事から抜粋したステップ↓

段階解除される施設イベント参加人数
ステップ1博物館・図書館・体育館や水泳場、ボウリング場(観客席は使用停止)50人
ステップ2学習塾・劇場・映画館・商業施設100人
ステップ3ネットカフェ・漫画喫茶・パチンコ店・ゲームセンター1,000人
商品E100円

ステップ2はこれまでクラスターの発生していない施設ということで劇場が挙げられています。
再開の可能性が一筋でも見通せることはうれしいです。

が、記事にあるイベントの人数=劇場の収容人数となるのかはちょっとわかりませんが、まずはスモールスタートで小劇場からの再開となるのかもしれません。

もちろん劇場のキャパに関わらずコロナ以前とは風景が一変するの必至で、入場時の消毒や検温、マスク着用、満席にせず客席で一定の距離をとるなどの感染防止策を取りながら上演することになるのでしょう。

(上演できればそれだけでうれしいですが公演のお楽しみの1つである公演ドリンク公演デザートもなくなってしまうでしょう。
特に東京宝塚劇場の公演デザートのネーミングを楽しむこともできなくなってしまうと思うと寂しいです。)

さて。指揮者の上垣聡さんが劇場再開に向けて具体的な策を書いているとてもいい記事を読みました。

いかに稽古をするか、移動手段は、マスクは、感染拡大防止を防ぎながら進めるかが具体的かつ現実的に書かれています。

稽古場でのマスク着用。
また役者・スタッフ全員が稽古初日より千穐楽まで、その舞台に関係していない仕事を重複して受けることは極力避け、カンパニー以外の人との接触をなるべく減らしていく必要があると考えます。
こうして一般的な「家族」と同じ状態をつくり感染するルートを極力経つことで、初めて従来の芝居作りができるのではないかと考えます。

特にこの「カンパニーの家族化」はとてもいいアイデアだと思いました。

また演者側だけでなく観客側への対策も練られており、長期公演の場合は優先振替を導入することで体調不良をおして観劇することを防いだり、紙チケット廃止による接触機会の低減などはぜひ実施してほしいです。

コロナ禍によって紙チケットの廃止が一層進むことで高額転売防止につながれば一石二鳥です。

左右の席を空けて観客を入れるなどしてチケット代の値上げしたとしてもこの観劇生の劇場でしか見られない夢を守るためなら受け入れます。

劇団四季が公演再開時期を発表 宝塚歌劇はどうなる?

都の会見よりも前に劇団四季が全公演の中止期間延長と再開見通しを発表しました。

公演が丸々中止になったものもあれば大幅に延期になったもの(「アナと雪の女王」は2020年9月→20201年6月へ)など種々あります。

吉田智誉樹社長からのメッセージは熱い舞台への思いが迸っています。

明るい要素として6月末以降の公演再開見込みが示されました。

◆6月28日(日)より再開予定
『マンマ・ミーア!』KAAT 神奈川芸術劇場〈ホール〉(横浜)
『ライオンキング』名古屋四季劇場(名古屋)

◆7月1日(水)より再開予定
『キャッツ』キャッツ・シアター(東京・大井町)

◆7月7日(火)より再開予定
『アラジン』電通四季劇場[海](東京・汐留)

◆7月12日(日)より再開予定
『ライオンキング』四季劇場[夏](東京・大井町)
『リトルマーメイド』大阪四季劇場(大阪・梅田)

再開の見込みがたったということはお稽古ができるようになったということでしょうか。
喜ばしいことですしなんとか無事に、平穏に上演できてほしいと願うばかりです。

四季と同じく専用劇場を有する宝塚歌劇もそろそろ再開の見通しを探っているのではないでしょうか。

本拠地の兵庫県と近隣の府県はすでに緊急事態宣言は解除されていますから都よりも先に公演再開となるかもしれません。

その場合もしもムラで公演が再開したら遠征したくてたまらない気持ちと激しく戦うことになりそうです。

県を越えての外出が許容できるようになるまで遠征は控えた方がいいのでしょうけれど、すぐに「はい、わかりました」とは納得できず葛藤しそうです。

大好きな生徒さん、応援している生徒さんが出ていたり、関西でしか上演がなかったり、スターさんの退団公演であればなおさらです。

ヴィスタリアは通勤で東京駅を使っているのですが、連休明けから日々人が増えているのはもちろん、
今週からずっとクローズしていたお弁当屋さんやお土産屋さんが開き始め、スーツケースを携えた人も見かけるようになりました。

人の動きが出てきているのを実感していますが、これが2週間後の感染者数にどう影響するんだろう…とも思っています。

このあたりは劇団がリモート対応の幅を広げて雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」大千秋楽をスカイステージで生中継したように配信が拡大することもあり得るのでは?と思っています。

オンデマンド配信で課金の機会があればもちろん課金して応援したいです。

劇団の公式You Tubeでも新たな企画がスタートしSNSでときめきを供給し続けてくれています。

だいもん(望海風斗)ことちゃん(礼真琴)の歌声が聞けるなんて楽しみです!

ようやく一週間が終わったので聞いてチャージします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください