月組

エリザベート初日映像を噛みしめつつ、アンカレにもやもやする

昨日の月組「ON THE TOWN」「アンナ・カレーニナ」の配役発表から一夜明け、ふわふわともやもやの間を行ったり来たりしているヴィスタリアです。
 
そんな中、昨日は「エリザベート」の初日映像のロングバージョンも劇団サイトで公開されました。
 
映像が30秒から4分になって、3分30秒増えただけなので書けることは限られていますが見られてうれしいので書きますね。
ふわふわしたりもやもやしたりしつつ、見てしまいます。
HoliHo / Pixabay
 

トート/珠城りょう

たま様に生命エネルギーのすべてを吸い取られるんじゃないかと思うほどかっこいいです。
 
幕開きの歌♪「天使の歌は喜び 悪魔の歌は苦しみ」の一フレーズで、たま様歌がんばったんだなと思いました。
 
「あくまの うたはくるしみ~♪」の発音、声の響かせ方、お稽古して磨いたのが伝わってきます。
 
ヴィスタリアが一番グッと来たのは「最後のダンス」で踊るところです。
ダンスのキレがいい! 
エネルギッシュなトートとはこういうことですね。
 
フィナーレのデュエットダンスのリフトが一瞬でもさすがの安定感、力強さがあるのがわかります。
さすが たま様です。
たま様のリフトは本当にすごいと思うのです。
 
そしてパレードの羽根が凝っていてすごいです。
 
 

エリザベート/愛希れいか

シシィ時代の若草色がアクセントの衣装がとってもかわいいです。
 
そして綱渡りの落ち方にちゃぴ(愛希れいか)の身体性を感じます。
なんでもできるちゃぴですが、退団してからも踊り続けてほしいと願わずにいられません。
 
バートイシュルで若きフランツが手を差し伸べたときの顔がものすごく嫌そうで、正直で、田舎娘丸出しで(褒めてます)うまいです。
 
でもヴィスタリアは思いました。
ここに映っているちゃぴのエリザベートは、ある意味想像がつくのです。
人生の前半、希望や自我の目覚めなど、エリザベートの前向きな場面だからです。
 
ここに映っていないエリザベートの絶望と嘆き、手放したものをちゃぴがどう演じたのかを見たいのです。
 
息子ルドルフの死やヴィンディッシュ嬢との邂逅、夜のボートなどをちゃぴがどう作り上げたのか気になります。
海乃美月ちゃんのヴィンディッシュ嬢も観劇された方の感想を読んでいると好評そうなので一瞬でもいいから映してほしかったです。
 
これは劇場で見てのお楽しみですね。
 
 

フランツ・ヨーゼフ/美弥るりか

男役でもっともお着替えが多いらしいフランツ。
4分の映像で何着の衣裳を着ていたか数えてみました。
・オープニングの軍服
・バートイシュルの華美な軍服
・オーストリア=ハンガリー皇帝即位式
・オリーブ色(?)のガウン
・1幕終わりの軍服
 
ヴィスタリアはバートイシュルのブルーグレイの、ゴテゴテに飾りの多い軍服がいいなと思いました。
 
この若きフランツのきびきびした表情、動き方がいいですね。
早く劇場で見てシシィにネックレスをかけるるりかちゃんのフランツにときめきたいです。
 
ところでヴィスタリアはるりかちゃんのお髭姿を初めて見ました。
「信念を破ろう〜♪」の歌い方はいい意味でるりかちゃんぽくないのに、腕を伸ばすときの仕草がるりかちゃんでヴィスタリアは「きゃー」となりました。
 
 

ルキーニ/月城かなと

れいこちゃん(月城かなと)について書くときいつも書いてる気がしますが、なんという美貌でしょう。
 
アドリブがんばっていますし、本当に緊張していそうなのが伝わってきました。
 
 

ルドルフ/暁千星

ほんとうにこれが「ぼくは退屈で眠られないんだ」とやんちゃをしていたピースフルプラネットの王子と同じ人物なのでしょうか。
 
ずるずるとトートにひきずられていくありちゃん(暁千星)の長い脚がたいへんきれいで、このルドルフとトートの振付って難しそうだと思いました。
簡単そうにやっていますけれど、角度を保ち続けるのが大変そうです。
 
 

ルドルフ少年/蘭世惠翔

歌もよさそうですし、演技も影のある繊細さがあって期待が高まりました。
 
 

そしてアンナ・カレーニナのもやもや

昨日の発表直後にブログを書いたときは、るりかちゃん・れいこちゃん・海ちゃんの「瑠璃色の刻」の3人が再びそろうことがうれしくてふわふわしていました。
 
しかし落ち着いてみると、どうしてももやもやしてきました。
 
この3人はそれぞれ東上別箱で主演とヒロインを務めています。
なのにバウホールでしか上演しないなんてどういうことなんでしょう。
 
追加で東京なり首都圏での公演が発表されるか、ライブビューイングを超拡大してやるのか、なにかしら発表があると思いたいです。
 
その発表はできればポジティブなものであってほしいと思うヴィスタリアでした。
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください