OG

祝!30周年 74期生の祝祭

こんばんは。ヴィスタリアです。

1週間も前のことになってしまうのですが、どうしても書いておきたい公演がありましたので書きます。
しかも見に行ったわけでもないのですがそれでも記事を残したいのです。

1988年「キス・ミー・ケイト」で初舞台を踏んだ74期生の30周年お祝い

OG公演でぜひ観たかったもののチケットが即完売して観られなかった公演が先日ありました。

74期生(1988年初舞台)の30周年を記念した「Fiesta del 74!!」です。

74期からは5人のトップが誕生しました(敬称略)。
・麻乃佳世
・白城あやか
・森奈みはる
・渚あき
・和央ようか

5名はもちろん、74期生のうち18名が舞台に立たれたです。

ヴィスタリアはヤンさん(安寿ミラ)が永遠の贔屓で、ヤンさんの相手役がみはるちゃんで本当によかったと思っています。
みはるちゃん、大好きです。

ヤンさんは卒業されてからのほとんどの舞台を観ていますが、みはるちゃんの舞台を初めて見たのはOG公演「SUPER GIFT」でした。

歌もダンスもすばらしく、また娘役さんの可憐さ、かわいらしさがあふれていて、どこをとっても気になるところがなくて娘役の理想形の一つを見た…と思いました。

3人娘(麻乃佳世・白城あやか・森奈みはる)もタカコさん(和央ようか)も順調にスター街道を歩まれましたが、渚あきちゃんがトップ娘役になったときは驚き、またうれしかったです。

星組「プラハの春」では大号泣しましたっけ…懐かしいです。

74期生みずからがプロデュースし、”全員”が参加した舞台

この公演のスタッフ(プロデュースとスタッフ)も74期の紫鳳あけのさんとはやせ翔馬さんが務められています。
お二人がどのようにこの公演をつくられたのか、とてもすてきなインタビューがありますのでご紹介しますね。

「芸能活動している人だけに声をかけた方が楽だけれど、今回は74期のお祭りとしてやりたかった。
何かしらの形で皆が参加できるようにしたかった」
とプロデューサーで出演された紫鳳あけのさんがお話されています。

同期生や同時期に活躍されたOGさんが数名でなにかしらされるのはよく見かけますが、こうして同期生が一挙にそろうのは異例のことではないでしょうか。

実際に舞台に立たれたのは74期生41名のうち18名ですが、芸事から離れていたり海外や関西の遠方に住む同期生全員が舞台に参加できるよう工夫されたようです。

この舞台が生まれた経緯、全員が参加しているというアイデア、意欲的な試みをぜひこの目で見たかったとヴィスタリアは臍を噛んでいます。

ナツメさんからのメッセージ

この公演のために74期のミミさん(貴月あゆむ)がTシャツをデザインされたそうです。

この74というロゴの下に書かれているA toast to the litles stars というメッセージは、74期生が初舞台を踏んだ「キス・ミー・ケイト」の花組トップスター ナツメさん (大浦みずき)が当時一人ひとりの化粧前にお花とともに添えたものなんだそうです。

「小さなスターたちに乾杯!」ということでしょうか。

ナツメさん、なんて粋ですてきなんでしょう。
もしナツメさんがご存命でしたらきっと客席からこの”小さなスター”たちの公演をご覧になったでしょうに…書いていたら目からなにか出てきてしまいました。

ナツメさんの相手役だったキャルさん(ひびき美都)が観劇されて、森奈みはるちゃんがこんな投稿をされています。

そんなこと書かれたら…みはるちゃんのこういうかわいいところ、大好きです。

それにしてもこの写真の白城あやかちゃんといいみはるちゃんといい、いまでも当時の美しさ、かわいらしさそのままですね。

客席もお祝いも豪華で懐かしい

先ほど引用させていただいたtwitterのアカウントでは届いたお花や見にいらしたOGのお写真が紹介されています。
そのなかにはヨシコちゃん(麻乃佳世)宛にカナメさん(涼風真世)からお花が届いています。
退団されてからもこうやってトップコンビにつながりや交流があるのを見ると胸が熱くなります。

そして久しぶりにヨシコちゃんのお写真を拝見しましたが、”永遠の美少女”というキャッチフレーズはいまも健在です。
なんという美しさ、そしてかわいらしさなんでしょう。

ほかにも1期下の75期が観劇されたというOGさんの投稿をインスタで見かけたのですが、そのなかにヒロコちゃんことくじょら(久城彬)がいました。

当時中学生~高校生だったヴィスタリアですが、星組が好きで、くじょらが好きだったんです。
くじょらも当時とかわらずおきれいで、お元気そうでなによりです。

星組といえばノルさん(稔幸)もご観劇されているようでインスタを更新されていました。

OGさんのSNS隆盛でこうやって交流を見ることができてファンとしてはうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけたらうれしいです。
↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください