考えたこと

いまから1年後の花組を考えてみる

こんばんは、ヴィスタリアです。

ヴィスタリアは手帳に年間公演スケジュールをプリントアウトしたものを挟んでいます。
今年と来年のスケジュールを両面印刷しているのですが、いろいろ便利です。

1年後の今日、花組は東京宝塚劇場公演の初日を迎えます。
そのとき花組はどうなっているのか?ヴィスタリアなりに考えてみました。

考えてみたといいながら例によってヴィスタリアの妄想です。

明日海りお様の退団公演あるいはプレ退団公演?

2019年「CASANOVA」でゆきちゃん(仙名彩世)が退団するころ、みりおちゃん(明日海りお)は花組トップ就任5年になります。

そして2019年8~11月の本公演がみりおちゃんのトップ10作目になりますが、 この公演か次の2020年前半がみりおちゃんのサヨナラ公演になるのではないかとヴィスタリアは思っています。

2012年7月 月組準トップスター就任(本公演2作)
2013年1月 VISAイメージキャラクター就任
2013年3月 花組へ組替え
2014年5月 花組トップスター就任。お披露目公演「エリザベート」で相手役蘭乃はなが退団。
2014年11月~2017年2月 相手役 :花乃まりあ(本公演4作)
2017年3月~2019年4月 相手役 :仙名彩世 (本公演4作)

2000年以降でトップ在任期間が長かったのはこのお2人です。
◆柚希礼音 (6年)
◆春野寿美礼(5年6ヶ月)

みりおちゃんのトップ在任期間も同程度になるのではないでしょうか。
他のトップスターが平均して就任から2年半~3年で退団していくなかで一人のトップの在任期間が6年を超えるのは、どんなに稀有なトップスターであれ長すぎるように感じます。

引き際もまた宝塚の美学だとヴィスタリアは思います。
いつまでもいてほしい、もっと舞台を見せてほしいと思われ惜しまれながら卒業していくのが美しいと思うのです。

花組はトップ娘役不在になるかもしれない?

1年後の2019年8~11月の本公演は新しい花組のトップ娘役が誕生し、みりおちゃんの相手役をつとめているのでしょうか?

ヴィスタリアはトップ娘役不在があまり好きではなくトップスターの隣にはトップ娘役がいてほしいと思うのですが、 今回はトップ娘役不在もありえるのではないかと考えています。

理由はこの2つです。
◆不世出のトップスター明日海りおを1人で卒業させたい
◆花組全ツの花娘の番手がよくわからない

前者は花組で20年も添い遂げ退団がないことに通ずるもので、 花組をひっぱるのをトップコンビではなくトップスター1人という体制にしたい、という思惑から、花組がはじめてトップ娘役不在期間をつくる可能性もあるのではないかと考えました。

後者は今冬の全ツ「メランコリック・ジゴロ/EXITER!!2018」の花娘の番手が明確でないことが気になっています。

お芝居「メラコリ」の主役フェリシアはひっとん(舞空瞳)で、2番手どころのティーナがはなちゃん(華優希)です。
しかしポスターを見ると華ちゃんが手前でひっとんが奥になっています。

これを見ると花娘ははなちゃん、ひっとんだけでなく有望な娘役さんがそろっていて正に花盛りですが、 ゆきちゃんの次にみりおちゃんとコンビを組むトップ娘役は置かない可能性もあるのではないかと考えました。

明日海りお様の4人目の”嫁”が選ばれるとしたら

ヴィスタリアの予想とは違ってゆきちゃんの退団後、すぐに新トップ娘役が誕生するとしたら誰がいいかを考えてみました。

他組からの組替えの可能性も0ではありませんが、花組は娘役が人材豊富なので花組から出てほしいという前提で考えてみました。

◆城妃美伶ちゃん
ヴィスタリアは城妃美伶ちゃんを強く推したいです。
学年的にも研9と実力もしっかりついている頃ですし、美しいしろきみちゃんをこのままで終わらせてしまうのはもったいないと思うのです。

今冬の花組4分割でしろきみちゃんはみりゆきの「Delight Holiday」に出演します。
このあたりも理由があるのではないか、というのは単なる願望でしょうか。

◆華優希ちゃん
◆舞空瞳ちゃん
お2人ともトップ娘役候補といっていいくらい抜擢、ヒロイン経験を積んでいます。
しかしまだまだ若いので、トップ娘役はもう少し待ってほしいというのが正直なところです。

◆音くり寿ちゃん
かちゃんさん(凪七瑠海)の「蘭陵王」でヒロイン、ポスター入りしていることもあり今後が気になります。
ヒロインには個性が強すぎるかな?と感じなくもないのですが、この辺りは「蘭陵王」の観劇でよく見てみたいと思っています。

次の花組トップスターが鍵をにぎっている

1年後の花組を考えたときに一番気になるのは、組替えが起きていたり発表になっているか、そして次のトップスターは誰なのかです。
ゆきちゃんの次のトップ娘役についても次のトップスター次第かと思います。

花組2番手のかれーくん(柚香光)がこのまま花組トップになるのだとしたら、トップ娘役不在期間を置いて、かれーくんと同時就任になるのではないか?
そしてそのときの相手は、今冬の花組全ツのキャスティングからして、はなちゃんかひっとんかも?とヴィスタリアは思っています。

以前も書いたかもしれませんが、95期が5組のトップ揃い踏みとなって劇団が”新時代の幕開け”というイメージをプッシュするのではないかと予想しています。

そして花組の20年ぶりのトップコンビ同時就任はそのイメージをより強調するのに合致すると思うのです。

またみりおちゃんの後を継ぐトップスターがいわゆる”落下傘”の場合、トップ娘役不在期間を置かないで花娘から選ぶ可能性が高そうな気がします。。

あれこれ妄想してみましたが、今後の花組がどうなっていくのか見続けていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください