花組

花組「A Fairy Tale」登場人物紹介を見て思うこと

おはようございます。ヴィスタリアです。

「A Fairy Tale-青薔薇の精-」配役発表

花組「A Fairy Tale-青薔薇の精-」の配役と登場人物紹介が発表になりました。

今回は配役発表と同時に各役の詳細が発表になりました。

植田景子先生が早々に書き上げているからなのか、みりおちゃん(明日海りお)の退団公演だからなのか、協賛と制作発表があるからなのか、
いつもは人物相関図が出るまで日数があるので早々に発表になってありがたいことです。

この登場人物紹介を見て気になったことをざっくりと書き出してみます。

◆神秘の世界に住まう精霊たちはラテン語?
日本語以外の言語がろくにわからないヴィスタリアがネットで拾ったものですが、どうやらラテン語のようです。

ディニタス(威厳)/高翔みず希 dignitas
クラウス(澄み切った)/白姫あかり aura
アウラ(そよ風・輝き)/更紗那知 aura

ウィルトス(勇気)/飛龍つかさ virtus
ボヌス(善い)/千幸あき bonus
グラーテス(感謝)朝葉ことの gratias

ブルケ(美しい)/音くり寿
ラエトゥス(楽しい)/凛乃しづか laetus
ポエッタ(詩人)/泉まいら poeta

◆95期れいまいは叔父甥
ハーヴィー・ロックウッド/柚香光は「庭師の叔父の元に引き取られて育ち、植物学の研究で世に認められる」とありますが、この庭師の叔父がニック・ロックウッド/水美舞斗のようです。

れいマイ(柚香光・水美舞斗)が同時代に登場するとしたらマイティーはイケオジ(?)世代の役ということになるでしょうか。

マイティーは「CASANOVA」がモジャモジャでしたから正統派の二枚目が見たい気持ちもあります。

◆城妃美伶ちゃんは夫と娘を残して先立つ?離婚?
シャーロット・ウィールドン/華勇気の両親はエドモンド・ウィールドン子爵/紅羽真希フローレンス・ウィールドン夫人/城妃美伶ですが、
エドモンドはイヴリン/真鳳つぐみ(派手好きなエドモンドの新しい妻)と再婚するようです。

ということはしろきみちゃん(城妃美伶)は夫と死別娘をのこして先立つあるいは離別するこということでしょうか。

フローレンスという役名に特別なものを感じますが、植田景子先生、役名にとどまらずこの公演で卒業されるしろきみちゃんに見せ場のある、別れを惜しむことのできるいい役を頼みますよ。

◆誤植?パロディ?
Mr.ディケンズ/冴月瑠那が「シャーロット・ホームズ風の私立探偵」とあります。

シャーロック・ホームズの誤植かと思ったのですが、「シャーロット・ホームズ風」というくらいですからパロディのなのでしょうか。
パロディだとしたらどんな役になるのか気になります。

◆シャーロットは結婚する
シャーロット/華優希には夫ギルバート・カーライル/羽立光来がいます。

シャーロットの幻が9歳/都姫ここ と11歳/美羽愛で異なり、エリュ/明日海りおが初めてシャーロット/華優希に出会ったときは白薔薇の精/聖乃あすかがキャスティングされているのである程度の年月が描かれるのかと思いますが、
シャーロットがどの時点で結婚したのか気になります。

お披露目公演でもあるが退団公演でもある

植田景子先生の大劇場作品で見たことがあるのは、第一次ヅカファン時代の花組「ルートヴィヒⅡ世」と月組「シニョール ドン・ファン」なのですが、
前者は学生時代に劇場で見て「???」となりました。

当時ヴィスタリアはみどりちゃん(大鳥れい)が好きだったんですけれど、みどりちゃんの役がふしぎすぎてなおさら「???」でした。

植田景子先生は小劇場では「アンナ・カレーニナ」「THE LAST PARTY」「ハンナのお花屋さん」と代表作があるのですから、「A Fairy Tale-青薔薇の精-」もそういった代表作になるようないい芝居であることを祈っています。

花組のみならず宝塚を引っ張ってきたみりおちゃんの退団公演であり、華ちゃんのトップ娘役お披露目公演であり、花組が誇る娘役さんたちの退団公演でもあります。

「夢現無双」のときのような「なぜこれが退団公演なのか…」と頭を抱えるような経験は二度としたくありません。

植田景子先生にとって、そしてみりおちゃん、華ちゃん、花組生の新たな代表作となることを新たな期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    配役を見ていろいろ思うところはあるのですが、一番気になったのは今回退団する人への気遣い・配慮はあったのかな?と。宙組の朝夏さん退団公演では同時に退団する娘役さん達の見せ場があっただけに。城妃さんの役は途中で亡くなるみたいだし。
    (記事に、しろきみちゃん(城妃美伶)は夫と死別・・とありますが、エドモンドが後妻を迎えているので逆ですよね?)

    ハンナのお花屋さんでの印象ですが、植田先生は娘役には冷徹な役割り振りをするイメージがあります。仙名さんはトップ娘役お披露目とは思えないキャラ設定でした。それでも納得できるところまで持っていったのは仙名さんのプロ根性ゆえでしょうか。

    「シャーロット・ホームズ風の私立探偵」は誤植でしょうね。パロディになってないし。しかもそれがMr.ディケンズとは。(文豪の名前)

    あと蛇足ですが、青いバラは日本のサントリーがつい最近開発した遺伝子工学の産物のはずですが、大英帝国時代のイギリスにその妖精がいるという設定、、、少し無理感があります。しかし植田先生って英国好きですね。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      うみひこさんが気になったということ、私も大変気になります。

      花組は「CASANOVA」でも娘役さんが退団されましたが明日海さんや仙名さんとからむシーンがあったり、スターの瀬戸さんとカップルになったりと見せ場があり、役の人物相関図を見ただけでそれがわかり安心できました。

      今回はそれがない上に、私も植田景子先生はときに娘役さんに厳しいといいますか「なぜこの役を?」と思う役を書くイメージがあるので今回退団される花娘たちに配慮があるのか気になります。

      朝夏さんの退団公演「神々の土地」は好きで何度か映像を見たのですが、同時退団の娘役さんへのはなむけも感じますね。
      上田久美子先生は「霧深きエルベのほとり」でも退団する七海さんに場面と相手役を用意してくれました。

      私もブログを書くにあたり何度見直しをしても誤字脱字、間違った用法などありますから人のことは言えませんが(ご指摘いただいた箇所を修正しています。教えてくださってありがとうございました。)、劇団のページが「シャーロック・ホームズ風」に直っていますね。

      雪組「壬生義士伝」のときもサイトの役名の表記がいつの間にか変わっていたことがありました。

      望海さんと真彩さんの雪組はフランス、幕末ものが多いですが明日海さんは「ポーの一族」「ミーマイ」などイギリスに縁があったと思っていましたが、「ハンナのお花屋さん」「青薔薇」は植田景子先生の作品ですね。

      そして私は先日の制作発表の写真や記事を見て「まさか「ポーの一族」が赤い薔薇だったから青い薔薇にしたのでは…」とふと思ったりしました。

      なにかの記事で植田景子先生が「「ハンナ」は花組だからお花屋さんにしよう、という思いつきで書きはじめた」と読んだ記憶があり、非常にシンプルな発想から作品の構想を得ているのかなと思ったのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください