映像の感想

「霧深きエルベのほとり」新人公演の感想(余白をどう表現するか)

おはようございます。ヴィスタリアです。

スカイステージで放映された「霧深きエルベのほとり」新人公演を見ました。

ヴィスタリアの独断と偏見と偏愛に満ちた感想ですが、劇場ではなく映像として切り取られている分さらに偏ったものになっていると思います。

こういう感じ方をした一個人がいるくらいに思ってください。

名作「霧深きエルベのほとり」の余白をどう表現するか

「霧深きエルベのほとり」は劇場で何度か観劇したのですが、観劇するたびにいろいろなことを考えさせる名作でした。

人物たちのこれまでの生き方や人間性を想像させてくれる余白、懐の深さがありました。

この人物はどんな信条で生きているのか。
あの人物はこの後どうなるのか。幸せになれるのか。
多くを語らないこの人物の胸の内は…。

逆に演者は想像させる余地を持って演じなくてはこの作品、役の魅力は半減してしまう部分がああるので難しい作品であり、勉強になる作品なのではないでしょうか。

星組の新人公演は「もう少し余白、人物の背景が見えたらいいな」と思うところが全く無いとはいいませんが、難しい作品に真っ向から取り組んでこの名作の素晴らしさを感じさせてくれました。

劇場で見たらきっと泣いていたと思います。

プロローグの大階段を使ってのビア祭りは華やかでテンションが上がります。

ぴーすけ(天華えま)は歌もダンスも安定感があり、長い手足のダンスが美しかったです。

カノンくん(天飛華音)は第一声のブラボー!が勢いがあって元気いっぱいでした。

そしてしんくん(極美慎)の華やかさ、小さなお顔と抜群のスタイルは眩しいくらいです。

あいちゃん(小桜ほのか)の髪型が凝っていて可愛かったです。
まめちゃん(桜庭舞)も三つ編みがかわいくて、歌もいいです。

ゆりちゃん(水乃ゆり)はダンスが軽やかで妖精のようで、背中に羽が生えているのではと思うほどでした。

キャストごとの感想

劇場ではなく映像での感想なのでいつも以上に偏ったものかもしれません。
()内は本役です。

◆カール・シュナイダー/極美慎(紅ゆずる)
しんくんはプロローグもお芝居も真ん中の華やかさとオーラがあります。

綺麗な男役さんですから粗野な水夫の役をどう演じるんだろうと思っていたのですが、皮の上着で大汗をかきながらの熱演でした。

肩を揺するような歩き方や乱暴な口調も大袈裟すぎなくて、カールの持っている純粋さがまっすぐ伝わってきました。

これまで女を振ったことがないという優しさも滲んでいましたし、純粋すぎて「手切金を返さず下衆に思われたらあまりに浮かばれない」という涙を拭きながらのセリフに本当にかわいそうになってきました。

特に印象的なのが出会ったばかりのマルギット/水乃ゆりに港で忘れられない女について訊かれ「こんな人だ」と答えるところです。
しんくんのカールの惚れたら真剣で一途なのがよく表れていると思いました。

後半のかつての恋人アンゼリカ/星蘭ひとみとのシーンで謝る彼女を見送って「気にすんな。幸せになれ」と告げるところもめちゃくちゃかっこよくて、振られてばかりなのがよくわかりました。

特にラストの名曲のソロが沁みました。

◆マルギット・シュラック/水乃ゆり(綺咲愛里)
縦に巻いたブロンドが綺麗で、本役のあーちゃんの宇んと細いコテで巻いたような髪形とはまた違って似合うものをよく研究しているんだと思いました。

またスタイルのよさもありドレスの着こなしが美しくて、家出をしたときの白いワンピース、シュラック家での白いドレス、カールを探しに行くときの装い、どれも素敵でした。

ゆりちゃんは先日視聴した「龍の宮物語」でも令嬢の役を好演していましたが、かわいくて自然体の演技が素直に伝わってくるのがいいなあと思います。

「お払いをさせて」やカールのお披露目パーティーで「カール」と呼びつけるところなどのフックはもう少し強調した方が後半の「私自身をも信じない」というセリフが活きる気もしましたが、
自然体のマルギットには不要のことかもしれません。

◆フロリアン・ザイデル/天華えま(礼真琴)
ぴーすけはダンスも歌も抜群の安定感で、「わくらばの恋」の歌もよかったです。

本役のことちゃん(礼真琴)は嫌味なほどの分別臭」草さの滲ませ方が巧すぎると舌を巻きましたが、ぴーすけはぴーすけのフロリアンを作り上げていました。

基本的に優しい人物で悪者には絶対になれないというのがその印象です。

フロリアンがシュザンヌに「あるいは君を愛するかもしれない」と言う時、ことちゃんはまったくそう思っていなくて言外に諦めるよう伝えていると感じるのですが、
ぴーすけは優しくて「もしかして」と思わせるものがあると感じました。

その方がシュザンヌにとっては残酷かもしれませんし、優しい聖人ぶっているからこそフロリアンの嫉妬が伝わってくるのかもしれないとぴーすけは感じさせてくれました。

優しいと見せかけてシュザンヌに「わかればいい。君が幸せなら僕も嬉しい」という笑顔の裏に隠されものはなんなのか。

カールの目の前で「マルギット、君とは兄妹のように育った」と言うとき優しく諭しているように見せかけてマウントをとっているのではないか。

スーツ、最後のシーンのスターさんしか着こなせない仕立てのいいコートの着こなしもかっこよかったです。

◆トビアス/天飛華音
デニムにテンガロンハットという衣装をいかにかっこよく着こなすか、パイプをかっこよく持つか、居方からして難しい役なんだなあと感じました。

ヨーニーに厳しいことを言ったり警察たちを蹴散らす眼光の鋭さ、押し出しの強さがしっかり出ているのがかっこよかったです。

石投げをしながらベティ/瑠璃花夏と話しているときの「ああ、本当にこの子かわいいなあ」と恋の衝動がベティに向かっているのが伝わってきてときめきました。

そして前半の眼光の鋭さがベティとの結婚が決まって馴染みの仲間と別れるシーンではすっかり柔らかいものになっていたのが印象的でした。

◆シュザンヌ・シュラック/桜庭舞(有沙瞳)
この物語で一番救われないのはシュザンヌなのではないかと思うことがあります。

清楚な良家のお嬢様のかわいらしさ、控えめながら芯のあるまめちゃんのシュザンヌでした。

歌が上手ですばらしかったです。

ヴェロニカ/有沙瞳(英真なおき)
ヴェロニカの水色×濃紫色のドレスは「激情」のカルメンちゃぴちゃんが着ていました。

みほちゃんは爪をその濃紫色のネイルにしていて、1回限りの公演なのに凝っているなあと思いました。

婀娜っぽくて蓮っ葉でどこか投げやりで、でも酒場の女将として客たちを受け入れる懐の深さがあってカール/極美慎がわあわあと泣きつくだけの女である説得力がありました。

「あんた、昔の亭主に似ている」という常套句を客の心をゆるめ本音を聞き出し癒すために言っているような気がしました。

この場面はヴェロニカも涙を流して両頬を濡らしていて、カール/極美慎の純粋さが際立つようでした。

ヴェロニカ役とはうって変わってプロローグのビア祭りではとってもかわいい笑顔で踊り、劇中のカール似の男では「♪かもめよ〜」と低めの声で一節歌ってまがこれがマルギット似の女/朱紫令真のアドリブ「うまい」の通り本当に上手でした。

最後の新人公演の長の挨拶も落ち着いていて立派でした。

◆ベティ・シュナイダー/瑠璃花夏
ちなちゃん、巻いた前髪におさげがかわいいです。
重ための目元、けぶるような睫毛がちなちゃんのお顔立ちによく似合っていて印象的です。

田舎から出てきた設定ですが、方言も走り方もやりすぎることなく自然で好感を持ちました。

◆マインラート夫人/小桜ほのか
第一声のツンとした表情といい「マルギットさん」と上から声をかける様子といい、カールを紹介された時の意地悪そうな表情と、どこを切り取っても上手です。

また上流階級の人間として手本にならなければいけないと臆面もなく堂々と言ってのけるのにも「自身も自分がいる階級も選ばれたものである」という意識が感じられて、あいちゃんの芝居の実力を感じました。

そのほかヨゼフ・シュラック/遥斗勇帆(一樹千尋)の重厚さ、ホルガー/朱紫令真(美稀 千種)の素朴な優しさの表現が深くて光っていると感じました。

星組は安泰ですね。ブラボー!!

婚約パーティーに警察がいる理由

ところでカールとマルギットの婚約披露パーティーになぜカウフマン警部がいるのか、本公演のときから不思議に思っていました。

今回新人公演を映像で見て家出をしたマルギットが発見されたとき、カールが刃物を取り出したこともあってシュラック家からまったく信用されていない上に、
何か口実さえあればヨゼフのセリフ通り刑務所送りにされていたのかもしれないということに思い至りました。

「霧深リエルべのほとり」は見るたびに発見があり考えさせてくれる作品だと感じました。

久しぶりに感想記事を書けて楽しかったです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん

    この新人公演、私も録画を見ました。
    この記事では各人のいいところ・頑張ってるところを書いてありますね。概ね同意ですが、本公演との差を感じるところもあり、本役さんはやっぱり芝居・歌ともに上手いんだなーというのが率直な感想です。(特に綺咲愛里さん)
    その中でも特にいいなと思った方について。

    マルギット父の遥斗勇帆さん。分からず屋の貴族の親父がすごくハマってました。新公学年と思えない貫禄。彼女は音楽学校時代から堂々としていたそうで、同期から「予科なのに専科」とからかわれていたそうです。(学校時代の難しい課題曲はまず彼女にお手本で歌ってもらっていたそうです。) 違うキャラの演技も見たいなと思わせる男役さんです。呼び名は「えりちゃん」。なんとなくギャップがあり可笑しいです。

    ヴェロニカ役の有沙瞳さん。本役の英真なおきさんに比べると若さが隠しきれないですが、多くの人生経験を積んだ酒場の女主人にたしかに見えました。最後の挨拶も落ち着いていらっしゃいました。こりのちゃんがお話ししたことが無いのにリレーの次に彼女を指名したのが納得です。お芝居については、星組に来て音波みのりさんからいろいろ吸収されているような気がしました。雪組の時も相当光ってましたが。(伯爵令嬢のアンナ)

    しかしほんと、観劇してその感想をもっと話したいですね。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      本当に観劇をしてあれやこれやとお話したいですね。
      自分だけでこうして書いたり呟いていても虚しいです。

      映像しか見てないのでいつも以上に迷いながら感想を書きました。

      感想を書くときは自分がいいと思ったこと、素敵だと思ったことをお伝えしたい、言葉にしたいと思っています。

      あと新人公演の感想ではできる限り、本役さんとの比較だけにならないようにしたくて。
      実生活でも舞台でも経験に差があり稽古期間も違うのですから比べるものではない、「本役さんの凄さがわかった」や逆に「本役超え」とは書かないようにしている…つもりです。
      以上、自戒でした。

      そしてうみひこさんの仰ること、どの役についてもわかります。

      特にマルギットの爛漫な笑顔や意図のなさそうな言葉の裏に綺咲さんがどれほどのものを凝縮していたのかに思い至りました。

      そして遥斗勇帆さんの貫禄と存在感、すばらしくて新人公演とは思えません。
      たしか以前も彼女の歌がいいと仰っていましたね。

      「龍の宮物語」はご覧になりましたか?遥斗さん(上手いです)も有沙さんも、他のキャストも誰一人替えがたい熱演です。

      私は有沙さんが好きなのでうれしく読みました。
      いまの年齢、経験で表現しうるヴェロニカが素晴らしかったです。本当なら母親くらい年齢が離れているかの設定ですよね。

      音波さんはすばらしい娘役であり女役もできて、ヒロインから母親から幅の広さに感服します。
      (そしてこりのさんからのバトンはこりのさんご自身が素敵な娘役さんだけに一層感激しました。)
      音波さんのような上級生の娘役さんが各組で活躍してほしいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください