月組

最後の美弥茶レポ①ライブビューイング実施と、一番聞きたかった言葉

こんばんは、ヴィスタリアです。

美弥るりかちゃんのご卒業前の最後のお茶会に行ってきました。
レポ禁ではなかったのでヴィスタリアの覚えている範囲で書いてみたいと思います。

いつものことではありますがるりかちゃんのお言葉は正確なものではなくニュアンスです。

そして質問の順番なども正確なものではなくヴィスタリアが印象に残ったことを書いています。

最後の美弥茶はライブビューイングあり!3,000人が集まった

広〜い会場には2,500人もの参加者が詰めかけた上に、別室に中継会場が設けられていました。
いわばお茶会のライブビューイングが実施されたわけです。

美弥るりかちゃんの最後のお茶会に約3,000人もの人が集まったことになります。

るりかちゃんご自身も会場に入られてあまりの人数の多さに驚いているご様子でした。

「みんなが点点だよ〜(手を振る)。
大劇場より人がいるかもしれない。
みんな、私一人しかいないんだよ。大丈夫?

もちろん大丈夫ですとも!

るりかちゃんは司会者さんに中継会場のカメラを確認され、カメラ目線でいろいろアピールされたり口バクで合図のようにお話されたりしていて、
その一つひとつの仕草や表情がたまらなくかわいかったです。

一番聞きたかった言葉を聞かせてくれた

レポ早々いきなり最後のご挨拶から書きますが、ムラのお茶会では涙々でろくに覚えられなかったのと、
今回一番聞きたかった言葉を聞かせていただいて心に響くものがありましたのでご紹介させてください。

それは「宝塚での17年間は長かったですか?短かったですか?」という最後の質問の答えの流れの中でのものでした。
この質問を寄せられた方が非常に多かったそうです。

「一つひとつの時間がすごく濃かったので一瞬だったような気もするけれど、音楽学校を入れて19年というのは長かったんじゃないですかね。
人生の半分以上を宝塚で過ごして、自分の1個目の青春は宝塚だったなと思います」

「一つ前の公演のことさえ思い返す時間がないくらいすぐに次の公演が始まってしまうのですが、さよならショーの前の経歴を聞いたりするといろいろな公演に出させていただいたなあと思い出します。
あのときの客席はこんな雰囲気で、初日はこんなふうで、というのを思い出したりします」

「たくさんの奇跡が起きた19年間でした。
こういう役がしたい、こういう男役になりたいと思っていたことが現実になって。
人からしたら小さなことかもしれないんですけれど、自分にとっては奇跡のようなことで、皆さんの愛のエネルギーが奇跡を起こしてくれたんだと思います」

「将来男役になろうと決めてバレエを習ったりいろいろあって宝塚に入りました。
でも夢を見すぎたり憧れすぎていて、現実を知ってショックを受けたり壁にぶつかってどう立ち向かっていけばいいのか、わからなくて研7くらいまで悩んだ時期がありました。
こういう性格だからなのか…。こんな気持ちで舞台に立っていいのか、続けていいのかと思ったりしました」

「そんな私でも、舞台の端っこでも見つけてくれる方がいて、楽屋口で声をかけていただいたり。初めてお手紙をいただいたときのことは忘れられません。
そして1人でも私を見てくださる方がいるのなら、やっていく意味はあるのだと思い、その日から美弥るりかは1人ではなくなりました」

「私はいつも1人ではなくて、皆さまの愛があって舞台に立っているのだと思います。
6月9日に健康に、笑顔で千秋楽を迎えることが一番の恩返しだと思うのでやっていきたい。
でもあまり飾りすぎずにやりたいなという気持ちもあります」

るりかちゃんはこれからのことははっきりとは言葉にされませんでしたが、きっとなにかがあるのだろうと思わせてくれることを仰せでした。

「みなさまにいつかどこかで恩返しをしたいと思いますし、みなさまが“美弥るりかさんを応援していてよかった”と思える人生をこれから歩んでいきたい」

この言葉を聞いたとき「ああ、一番聞きたいと望んでいたことを聞かせてくれた」と思いました。

これはるりかちゃんにはなんら関係のない、ヴィスタリアの個人的な思いなのですが……
ヴィスタリアはこれまで何人か好きになったタカラジェンヌさんがいて、卒業後もずっとファンをしている方もいれば卒業後の活動を見てファンをやめた方もいます。

後者の背景は主に
・活動の内容がヴィスタリアが見たいものと違った(例:舞台が見たいと思っていたけれどテレビ、バラエティに活動の場を移した)
・SNSでの言動やメディアリテラシーが抱いていたイメージと大きくかけ離れていた
といった背景があります。
(現役のときの作品は見たり好きという気持ちは変わらずあります。)

勝手に抱いた期待=幻想なのですが、卒業してからもファンをしていると「◯◯さんのファンで本当によかったし、いまもファンでいさせてくれて幸せだ」と思うのです。

るりかちゃんがご卒業後にどうされるのかはわかりませんけれど、宝塚歌劇の男役の美弥るりかが好きであると同時に舞台人、表現者としての美弥るりかが好きなので、
できることならずっとファンでいたい、応援したいという気持ちがあるので「卒業後も安心というか期待していいのかな」と思うことができました。

大きな拍手に包まれて会場を後にされたるりかちゃんは中継会場に登場され、今度はお茶会会場に中継会場が中継されました。

中継会場のファンの方の前でるりかちゃんは改めて、千秋楽に向けての気持ちや感謝の思いをお話されていました。

おそらく時間は押していたと思うのですが自然な流れでるりかちゃんがお話をされていて、ファンに心からの思いを伝えたいというのが伝わってくるようでした。

るりかちゃんのそういうところが好きです。

レポは続きます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. あむむ より:

    こんばんは(^-^)
    私も無事にお茶会行くことが出来ました!
    とっても幸せな時間でしたね。
    冒頭でライブ会場の方に
    「あとでね~」なんて言って
    「あ、言っちゃった!」って内緒に出来ないみやちゃんがかわいくて仕方なかったです(>∀<)

    • vistalia より:

      あむむ様

      あむむ様もお茶会に参加されたのですね。
      るりかちゃん、かわいくて最高に楽しい時間でしたね。

      抽選でLとJがやたら多かったり、ご自分でミートるりさんと言われたり…本日にかわいかったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください