OG

タカラジェンヌの退団後も踊りが見たい〜愛希れいか様「フラッシュダンス」主演決定

こんばんは、ヴィスタリアです。

愛希れいか様ミュージカル「フラッシュダンス」単独主演決定!

うれしいニュースがありました。
元月組トップ娘役ちゃぴちゃん(愛希れいか)がミュージカル「フラッシュダンス」に単独主演されます。

演出は事務所アミューズの大先輩岸谷五朗さん。
ちえさん(柚希礼音)も地球ゴージャスに出演されましたしご縁がありますね。

この作品でちゃぴちゃんがたくさん踊るようなのです。

もう楽しみで楽しみでたまりません!

ところで映画「フラッシュダンス」がどのようなものか少しだけ調べてみました。

ウィキペディアに概要がありました。

youtubeでは予告編もありますし検索すると名曲と言われるシーンの動画も見ることができます。

衣裳などは時代を感じますが、この辺りは今回発表されたヴィジュアルからするに2020年に合ったものになるのでしょう。

愛希れいか様の稀有なダンスのすばらしさ

ヴィスタリアのヅカファン復帰は月組「カンパニー/BADDY」をたまたま観劇したからのですが、すぐにチケットを追加しました。

追加した最たる理由は美弥るりかちゃんにハマったからなのですが、
もう一つは「あの海のプリンセス帆立と、中詰のショートパンツの女の子と、ロケットガールで踊りまくっていたショートヘアの子の踊りをもう一度見たい」という強い衝動によるものでした。

そう、すべてちゃぴちゃんです。

特に「怒りのロケット」のちゃぴちゃんのキレは別次元で圧倒され、その後購入したBlu-rayの稽古場映像を見て再び圧倒されました。

ちゃぴちゃんの高い身体能力と独特の伸びやかさのあるダンスが大好きでした。

次作「エリザベート」はフィナーレがあったものの、ちゃぴちゃんのショーをもっと見たかったです。
ファンになるのが遅すぎました。

なのでちゃぴちゃんが退団以降「エリザベート」のタイトルロール、「ファントム」のクリスティーヌ・ダーエとミュージカルの大役が続いていることをうれしく思いながら、
「ちゃぴちゃんにはまた踊ってほしい。ちゃぴちゃんにしかできないダンスを見たい」という気持ちもありました。

今回の「フラッシュダンス」単独主演の発表がとてもうれしいです。
これはぜひとも観に行く所存です。

宝塚ではショーがあるけれど退団すると芝居と歌が中心になる

常々思っていたことですが、宝塚歌劇の公演にはショーがあり、1本物のミュージカルでもフィナーレナンバーがついて生徒さんは歌い、踊ります。

しかし生徒さんが退団後も舞台立たれる場合、お芝居と歌が中心になることが多く、踊りを見る機会が圧倒的に減ってしまうのが残念でならないのです。

そりゃあ外部の舞台には踊れる方はたくさんいるかもしれませんが、宝塚のショーはあんなにも魅了するもので生徒さんのダンスもすばらしいのにもったいないと思うのです。

宝塚を見てると好きな生徒さん、ダンスのうまい生徒さんは体のちょっとした動かし方で「あ、◯◯さん」と見分けられるようになるくらいなんですから、
退団されてからもその方にしかできない、その方のダンスが見たいのです。

なのでヴィスタリアは贔屓、好きな生徒さんには「退団後も踊り続けてほしい」と願い続けています。

100周年のOG公演「DREAM A DREAM」などは踊りまくり歌いまくるOGさんがたくさん見られてとても楽しかったですし、105周年もそういう公演があることを期待していました。

またヴィスタリアの永遠の贔屓ヤンさん(安寿ミラ)はダンスコンサート「FEMALE」で踊り続けていますし、宝塚で振付もされています。

るりかちゃんの1st LIVEでも舞台いっぱいのダンスを見ることができ、主演が決まっている「SHOW-ism」でも見られることと期待しています。

贔屓や好きだった生徒さんがコンサートやライブで踊ってくれるのもうれしいですが、今回のちゃぴちゃんのようにミュージカルでダンスがメインの見どころになる作品はなかなか無いように思うので本当にうれしいです。

ちゃぴちゃん、単独主演本当におめでとうございます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください