専科

89期のSNS(美弥るりか様のいいね・凪七瑠海さんのメッセージ)

こんばんは、ヴィスタリアです。



89期生でにぎわうSNS 美弥るりか様がいいねをくれる世界

昨日の自分のtwitterは89期生で大いににぎわっていました。

まずみりおちゃん(明日海りお)のBAILAの先行記事の衝撃的な美しさで話題になっていました。

みりおちゃん、きれいな男役さんからきれいなお姉さんになられましたね。

みりおちゃん独特の言葉の感覚が好きだったので退団後はブログやtwitterなど文字情報の発信があったらうれしいな…と(勝手に)期待していたのですが、ファンクラブ向けの展開のみのようです。

ただなにか発信があるとファンの方々の喜びの書込みを見て「内容はわからないけれどみりおちゃんからお知らせがあったのね」とこちらも(勝手に)うれしく思っていました。

夜はカイちゃん(七海ひろき)のLINEがまるで恋人のようだったことが話題になっていました。

凝った仕掛けのカイちゃんからの電話(厳密には電話ではないのですが)を自分のスマートフォンで耳元で聞いているともう赤面するくらいドキドキしてしまいました。

カイちゃんのSNSの使いわけと発信は本当にすごい、ファンを楽しませることに徹していると思いますしいつも楽しませていただいています。

そして昨日ヴィスタリアのSNS生活において最大の事件が起きました。
美弥るりかちゃんから いいね をいただいたのです!!

いつもはファンレターを送っているのですがるりかちゃんが折に触れてコメントは全部読んでいるしとてもうれしいと何度も何度もお話されていたので「いまは郵便よりもコメントの方がいいのかも」と思い、打ち込んだものにわりとタイムレスに いいね をいただきました。

通知画面を見たときは信じられないくらいビックリして2度見しちゃいました。
そしてうれしさを噛みしめながらスクショしました。

予想もしていませんでしたし告知もなかったので(以前 #ruridays でいいね企画は告知がありました)サプライズのプレゼントをいただいたような気持ちです。

舞台でるりかちゃんになかなか会うことはできていませんが気持ちは繋がっていることを感じたできごとでした。

るりかちゃんのSNSはtwitter・InstagramとInstagramのストーリーと使い分けが上手なので先日開設されたばかりの公式You Tube RURI CHANNELがどのように展開されていくのかも楽しみです。

みなさますでにご覧になっていると思いますがリンクを置いておきますね。

凪七瑠海さんのインスタバトン

そして今日は現役の89期生カチャさん(凪七瑠海)のメッセージ動画が公開されました。

カジュアルめのコーディネートにアッシュ系の髪色がお似合いです。

こういう微妙な色合いのヘアスタイルのカチャさんを見ると星組「ロックオペラ モーツァルト」を思い出します。

劇中のサリエリ役は黒髪のカツラでしたが地毛のシルバーで登場したフィナーレナンバーの黒燕尾がとってもかっこよかったのです。

しかも効果音が聞こえそうな鮮やかなウィンクをバーン!と決めていたのに射抜かれ舞台写真を買ってしまいました。

カチャさんのサリエリは嫉妬の冷たい炎が燃えているのが見えるかのような演技と豊かな歌唱がすばらしく、
主演の「蘭陵王」の少年から青年へ心に血の通った人間へとなっていく演技と並んで好きな役の双璧です。

カチャさんのここ数年の芸の加速度的な深まり、サリエリ役の存在感を見ていると花が満開になっていくのを見ているようです。

そしてカチャさんの穏やかでゆっくりとした口調でお話されているのがとても落ち着きます。

カチャさんはスカイステージで放映中のcafeふぉるだで聞き上手っぷりを発揮されていますが、話し上手でもあることはカチャ茶やトーク番組で感じます。

毎月楽しみにしているのですが「蘭陵王」でコンビだった音くり寿ちゃんのゲスト回で、
カチャさんおとくりちゃんをかわいがり、おとくりちゃんもうれしそうにしていたのが特に印象に残っています。

同じく「蘭陵王」で一緒だったキョンちゃん(航琉ひびき)ゲストのとき、キョンちゃんが多数の役を演じ分ける際にしたというアドバイスにも感嘆しました。

思い出の作品からご自身が大切にされているセリフを紹介されていてファンの方がうれしいのはもちろんのこと、長くスターとして活躍されているカチャさんの道のりに思いを馳せたくなります。

カチャさんがバトンを渡したのは雪組「壬生義士伝/Music Revolution!」で共演したひらめちゃん(朝月希和)です。

お2人のエピソードで好きなのがカチャ茶で語られたこのお話です。

ショーのLove Revolutionで私の片膝を立てたところにひらめちゃんが座ってる振りがある。
あるときひらめちゃんがすごく遠くに座ってしまい、腹筋がプルプルしていた。

次の公演ではちゃんと座ったので耳元で「おばあちゃん♡」と囁いたら違う意味で腹筋をプルプルさせていました。

明日のバトンも楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください