OG

美弥るりか強化週間は89期から始まる

こんばんは、ヴィスタリアです。

美弥るりかちゃんのtwitterがとってもおしゃれ

先日開設された美弥るりかちゃんのtwitterですが、
Instagramとどう使い分けるのかなあと思っていました。

るりかちゃんのInstagramはお仕事情報中心で、オフの出来事(観劇に行ったことなど)やファンへのメッセージ(誕生日のことなど)はインスタのストーリーでアップされています。

twitterはスタッフさんのアカウントなので当初はスタッフさんがツイートしていましたが、るりかちゃんの私服が投稿されました!

こうやってるりかちゃんの私服を見られると入り出を思い出します(ヴィスタリアはほんの数回しか参加したことはありませんが)。

おしゃれなるりかちゃんの私服が拝見できたらうれしいですし、これからも毎日とは言いませんからときどきでも更新があったら本当にうれしいなあと思っています。

そしてるりかちゃんのInstagramのストーリーで「夢の国に行った」というお話があったのですが、なんと七海ひろきさんのInstagramに夢のような89期のスリーショットがアップされています。

この投稿をInstagramで見る

☆ 宝塚を退団して半年が経ちました。 なんだか、あっという間だったなと思います。いつも、みんなが見守ってくれてると感じられるから沢山の事に挑戦出来てる。本当にありがとう。 これからも、自分の好きな事、やりたい事を精一杯やっていきます。一緒に歩んで行こうね!! . そんな9月24日。 愛する同期、壱城あずさちゃん、美弥るりかちゃん、そして大好きな方々と夢の国に行ってきました!! すっごく楽しかったです。 これまで出会った方々、これから出会う方々。いつも出会いを大切に頑張ります!! . #宝塚 #星組 #89期 #壱城あずさ  #美弥るりか

七海ひろきさん(@hirokinanami773)がシェアした投稿 –

ぜひお写真をスライドしてみてください。
こんな美しいフェアリーたちが揃うなんて夢のようです。
元々夢の国ですけれどさらなる夢になったような気がします。

しーらんもアップしてくれました。

ということはですよ。
るりかちゃんの私服ショットはかいちゃん(七海ひろき)しーらん(壱城あずさ)が撮影した可能性もあるということですよね。

89期の貴さに、ああ、もう、言葉にできません。

美弥るりか強化週間が始まる

るりかちゃんはこれからトーク&ライブWOWOW「宝塚プルミエール」「宝塚への招待」放映、大阪での1stLIVEと大きなお仕事が続きます。

この約1週間を美弥るりか強化週間とヴィスタリアは思っており、何を置いても現場に参加したい!という志だけはあるのですが、仕事やら家庭の事情やらもう一つの趣味活動の関係でどの現場にも参加できないことが決定しています(涙)。

参加される皆様の感想を楽しみに待機しております。

そのうちWOWOWについてはこんな記事が出ています。

WOWOW WEB MAGAZINE「FEAUTURES」さん。

WOWOWを宝塚退団後の活動におけるひとつのステップにしてほしい──30年近く紡いでき…
https://corporate.wowow.co.jp/features/henai/4757.html
開局初期から宝塚の番組を作ってきたWOWOWだからこそできる役割とは何か──元宝塚歌劇団雪組トップスター・早霧せいなを迎えての対談。語られた言葉のなかには、ひとつの答えが含まれていた。

ちぎさん(早霧せいな)の読み応えのある対談です。
「宝塚プルミエール」でるりかちゃんとしさんがどんなことに挑戦するかも知ることができます。

ヴィスタリアは「保護猫に興味がある」というるりかちゃんがますます好きになりました。

SPICEさん。「BADDY」副音声収録の貴重なエピソードが盛り沢山です。

一部抜粋しますが、テンション高くトークするるりかちゃんが目に浮かぶようです。

スイートハートを演じた美弥は、珠城りょう演じる主人公・バッディを「私のカレ」と呼び、自身のシーンはそっちのけで、バッディの魅力を熱弁! 

バッディの見せ場が来るたびにウットリとした表情で「私のカレ、本当にカッコいいでしょ!」と連呼し、
さらにバッディと対峙する、愛希れいか演じるグッディに関しても、シーンごとに変わる華やかな衣装、キレのあるダンス、そして愛希の鍛え抜かれた美しい筋肉を絶賛していた。

また親友でこの作品で卒業されたとしさん(宇月颯)への「誰もが宇月颯と踊りたいと憧れていました」という最大限の賛辞は深くうなずきながら読みました。

ちなみにこのWOWOW「宝塚プルミエール」「宝塚への招待」の放映前に交流のあるヅカ友さん3人が次々とWOWOWに加入しており、影響の大きさを実感しています。

大きなお仕事が続いて追いかけるファンとしてうれしいですし、大阪のLIVEでは舞浜アンフィシアターがそうであったように、新しい告知などもあるのではないかとワクワクしています。

美弥るりかちゃんの活動から目が離せません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください