観劇の感想

宙組「群盗」各キャストの感想(芹香斗亜様の透明感)

おはようございます。ヴィスタリアです。

宙組「群盗」のキャストごとの感想です。

カール/芹香斗亜

キキちゃん、すっごくかっこよくてすっごく素敵でした。

若い座組ということでキキちゃんの学年・経験ともに積み上げて磨き抜かれたものの完成度の高さは図抜けていました。

キキちゃんにも下級生時代があったこと、この舞台に立っていた下級生たちがいずれキキちゃんの学年や立場になったときのことに思いを馳せたくなりました。

キキちゃんは美しく、貴族の育ちの良いノーブルさがたまりませんでした。

黄緑色の地模様の入った貴族の衣裳は正に王子様でした。
(そして脚の細さと長さに驚愕しました。一体どうなっているんでしょうか。)

一転して群盗のリーダーになってからの黒ずくめの衣裳のかっこよさもドキドキしました。

そして酒場で飲んだり群盗になっても品のよさを失わないのですよね。

前半の王子様らしさや群盗のリーダーとなるところもいいですが、やはり2幕からのモール領へ行くことを決心してからの心の揺らぎ、アマーリアへの抑えきれない想いや動揺の表現が繊細でとてもよかったと思います。

物語が一気に動くのですがキキちゃんのたしかな演技が結末まで連れていってくれたと感じました。

立ち回りやダンスのかっこよさにときめいたのは言うまでもありませんが、歌もとてもよかったです。

「天は紅い河のほとり/シトラスの風」「白鷺の城/異人たちのルネサンス」そして「群盗」と観劇するたびにキキちゃんの歌がレベルアップしているように思います。

ヴィスタリアはキキちゃんの魅力は透明感だと勝手に思っているのですが、今回もそれを感じることができました。

このキキちゃんの透明感は舞台を楽しんでいる余裕、染まることの楽しさを知っているから生まれるものではないかと思っています。

アマーリア/天彩峰里

じゅっちゃん、かわいくて歌もよかったです。

どのドレス姿も美しかったですが花嫁のドレス姿で愛するカールに「殺して」と迫るクライマックスは凄みがありました。

ただかわいいだけ、きれいなだけのヒロインではありませんから難しい役だと思うのですが、群盗たちにせがむセリフなど彼女の本気さが伝わってきました。

フランツ/瑠風輝

もえこちゃんは王子様そのものでした。

プログラムのお写真を見たときは「ヘアスタイルはこれでいいのかしら」とヴィスタリアは思ったのですが、舞台上では金髪に変わっていました。

貴族の凝った衣裳とよく合っていて、特に淡い水色の衣裳がすてきでした。

異母兄カールをまぶしく見ていること、叔父ヘルマンと組んで悪事を企てる難しい役をていねいに演じていると思いました。

整ったお顔立ち、スタイルのよさ、金髪も衣裳も王子様なのですが、恨みを込めた目がギラついていました。

フィナーレのダンスも大人っぽい高貴な色気があってすてきでした。

リーベ/華妃まいあ

まいあちゃんを見るのを楽しみにしていました。
「不滅の棘」を映像で見たときからまいあちゃんはただ者ではないと思っていたのです。

スカステ「不滅の棘」愛月ひかる様に万雷の拍手を送りたいスカステで宙組「不滅の棘」ファーストランを拝見しました。 主演の愛ちゃん(愛月ひかる)の渾身の演技がすばらしく、最後の場面で涙を流す愛...

プロローグからまいあちゃんを目で追っていました。
なんて美しさを持った娘役さんなんでしょう。

まいあちゃんの磨かれた美しさ、ダンスも情感のある演技もすばらしかったです。

そして目力がすごいといいますか、まいあちゃんの心が燃えていることは目を見ればわかると思いました。

カール愛しさあまりに裏切り、オイゲン公一味と一緒に階上から見つめるときの立ち尽くす姿が印象的でした。

喋っていないときも存在感があり、まいあちゃんがヒロインをやっていないことがふしぎでなりません。

どうか、どうか次の「オーシャンズ11」新人公演のヒロインはまいあちゃんでお願いしたいです。

ヴァールハイト/鷹翔千空

こってぃが愁いのある美しい男役さんであることを、今回2列目で見てよくわかりました。

研7くらいかしらと思って調べたら101期生、まだ研5なのですか。ちょっと信じられません。
というのもヴァールハイトは狂言回しもあって大変な役だったと思うのです。

役人ヴァールハイトの演技もうまくて小物感をきちんと出すだけでなく、狂言回しでは時系列があちこち飛んで難かしいところをきちんと伝えていました。

今後が楽しみな男役さんだと思いました。

その他のキャスト 一言ずつ

一言ずつですが触れさせてください。

◆シュヴァイツァー/穂希せり
声がよく、歌がよかったです。もっと聞いてみたいです。

◆ロルラー/なつ颯都
高身長な男役さんの多い宙組のなかでも一際背が高くて手脚が長くて目立っていました。

◆モール伯爵/凛城きら
さすがの演技で劇場が締まりました。
特に2幕の幽閉されてからの演技は一気に緊張感が高まりました。

他にもお名前はわかりませんでしたが、通し役のないかっこいい男役さん、美人な娘役さんがいると思いました。

「黒い瞳」のライブビューイング、そしてこの「群盗」を見て次の宙組本公演「オーシャンズ11」がますます楽しみになりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください