メディア関連

宝塚グラフ12月号〜礼真琴くんの理想の高さ/星風まどかちゃんがかわいい

こんばんは、ヴィスタリアです。

定期購読している宝塚GRAPH12月号を読みました。

例によってヴィスタリアの独断と偏見と偏愛で特に気になったページについて順不同で記事にしています。

IDEAL 礼真琴 自分に厳しく、理想は高く

小さ目の万年筆でノートになにかを書きつけている甘~い表情のことちゃん(礼真琴)ですが、GRAPHの玉手箱で撮影裏話で明かされたエピソードに最上級にときめきました。

それを踏ませて再度ことちゃんのページを見てにやけたことは言うまでもありません。コンビっていいですねえ。

ことちゃんが9つの事柄の理想と現実を答えていますが、についてが意外でした。

元々歌うことが好きだったからなのか、役創りをどれだけがんばっても歌ったら礼真琴…と言われ続けていたので、芝居でもショーでも役や場面に合った歌う方というのは追求していきたいですね。

星組の舞台を観てことちゃんのすばらしい歌を聞いてそんなことは思ったことはありません。

たとえば「霧深きエルベのほとり」のフロリアンはフロリアンでしたし、「Eclair Brillant」は場面ごとに表情の違う歌を聞かせてくれました。

ことちゃんの圧倒的な技術があってこその求める理想の高さを知ったように思いました。

ほかにもことちゃんの自分への厳しさがうかがえる言葉が多かったです。

(撮影について)
私は動いている方が自信が持てるので…ポートレートは難しいですね…。

(男役について)
あと…これは理想ですが(笑)、ウィンクなど、そういうことが本当に恥ずかしくてできないので、もう少し遊びや余裕をもってお客様と交流できたらな…と。

(舞台化粧について)
下級生時代は丸顔に垂れ目とコンプレックスはたくさんあるのに技術がなくて(中略)男役らしい四角いフォルムに見せるにはどうしたらいいのかずっと考えていました。

よく舞台化粧について生徒さんが「自分を知ること」とお話していますが、ことちゃんは舞台化粧に限らず自分のできないことやコンプレックスを冷静に見つめていてなんて謙虚なんだろう…と思いました。

圧倒的な技術と存在感があるのですからトップスターとなられたいま、堂々と、大いに魅せてくれることちゃんの舞台を楽しみにしたいです。

poupee 星風まどか

まどかちゃんがかわいい~と叫びたいくらいかわいいです。
新しいポートが出る度にかわいさ、魅力が増しているように思います。

5枚中3枚が撮る方向が同じなので「こちら側から撮ってほしい」というのがあるのかなと思いますが、特に正面を向いてにこっと笑っているのがかわいくて好きです。

はみだしSHOTの2つもはみだしにするのがもったいないくらいです。

あとピンヒールのフォルムが綺麗でいいお靴なのかなと思いました。

ようこそ!宙組デパートへゆりかちゃん(真風涼帆)激押しの”カワイイ”扮装を見せてくれています。

まりなちゃん(七生眞希)がレポートしている全国ツアー「追憶のバルセロナ/NICE GUY!!」でまかまどがにこにこと仲良さそうにしているのも和みました。

Salut!綾凰華/聖乃あすか

きれいですねえ、あやなちゃん(綾凰華)

男役さんなのですが中世的といいますか、いい意味で女性的な美と吸い込まれそうな透明感を感じます。
お顔まわりに両手を添えたポーズもすてきです。

雪組の上級生の方々は愛車に名前をつけていらっしゃるのですが、(中略)正塚先生に「私の車に名前を付けてくださいませんか?とお願いしたところ、「やまもとしゅういち」と仰って。

正塚先生の意図と雪組の上級生の愛車たちの名前がとても気になります。

そしてほのかちゃん(聖乃あすか)も美しいですねえ。

舞台でもオーラと華やかさにはっとしますがこのポートも然りです。

4月号の表紙で美弥るりかちゃんが歯をチラ見せしたときからヴィスタリアは生徒さんのに弱いのでこのほのかちゃんもたまりません。

植田景子先生は「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」を軽井沢で執筆されたのですね……。

今月の月組「I AM FROM AUSTRIA」舞台写真と月城かなと×暁千星

来週に迫った東京宝塚劇場「I AM FROM AUSTRIA」の初日を観劇するので予習に舞台写真とあらすじをじっくり見ました。

美園さくらちゃんのエマがプラチナブロンドの美女で、派手な数々の衣裳を着こなしているのがすてきだと思いました。

もう一人の金髪の美女うみちゃん(海乃美月)がなぜダルマを着ることになったのかがふしぎです。

また舞台写真でも稽古場写真でもありちゃん(暁千星)の思い切った髪型にびっくりしました。

フィナーレナンバーでちなつさん(鳳月杏)が長い脚を美しく残して踊っているショットにはっとしました。

ふらっと 月城かなと×暁千星の対談はれいこちゃん(月城かなと)の美しさとありちゃんのかわいさが眩しく、
まだ緊張しあっていて探りあっているような会話が初々しかったです。

月組のこれからについてのお話に客席であたたかく見守り続けようと心に誓いました。

その他気になったページ

一言ずつですが触れさせてください。

◆Cover Special 柚香光・美園さくら
珍しいツーショットですが、ふわふわのセーターを着て手をつないでまるでにらめっこをしているようなれいちゃん(柚香光)さくらちゃんがとってもキュートでチャーミングではないですか。

別売りのポスターも表情豊かで新鮮なお2人が見られました。

そしてさくらちゃんのさりげないピンクのグラデーションのネイルが清楚でかわいい。

◆雪組全国ツアー「はばたけ黄金の翼よ/Music Revolution!」
こうしてじっくり舞台写真を見ていると観劇できなかった悔いがあふれそうです。

だいもん(望海風斗)の黒髪ウェーブのロングヘアはこんな感じだったのですね。

まあやちゃん(真彩希帆)の「男役」見たかった…。

そして金髪のあーさ(朝美絢)の美しさはため息ものです。

◆波瀾爆笑!?我が人生 留依蒔世
毎月楽しみにしているこのコーナーですが、あかさん(綺城ひか理)もそうだったのですが、音楽学校の受験にバリバリの自信を持っているエピソードが好きです。
かっこいいです。

コンクール慣れしているので合格発表ですぐに自分の番号を発見できたというのは、逆のお話はよくありますが、珍しく感じました。
やっぱりカッコいいです。

◆InstGRAPH
ひとこちゃん(永久輝せあ)がこのコーナーのために花組の同期とのお写真を載せているのですが、組の文化の違いが感じられるお話がちらりとありました。

両隣のまいこつ(紅羽真希)とあかり(綺城)が突然ザッザッ!と足を組みだして!!
「花組の男役は足を組むんだよ!」と(笑)。
同期ながら本当に素敵で、私も勉強しなければと思いました。

またうみちゃん(海乃美月)が花組を観劇に行ってとったという同期の春妃うららちゃんしろきみちゃん(城妃美伶)の3ショットのコメントには涙腺が…。

キキちゃん(芹香斗亜)のInstGRAPHは愛犬キャンディとご自身のお写真だけなのが珍しいでしょうか。

伏せたキャンディのお顔がとってもかわいい!

来月号が届くのはもう年の瀬。月日の流れの速さが身にしみます。

来月号はみりおちゃん(明日海りお)の東京のご挨拶全文が読めますね。
大千秋楽のライブビューイングに行けなかったので大切に読みます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください