花組

花組チケットが準備できていない メラコリは心の準備もできない

困りました。
ほんとうにほんとうに困っております。
 
花組のチケットが取れていません。ことごとく惨敗しております(涙)。
・東宝「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」の第2抽選
・東宝「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」の先着順
・全ツ「メランコリック・ジゴロ/EXCITER!!2018」の抽選
 
先日の「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」の先着順は、どうにかこうにか△マークがでている画面まではたどり着いたのですが、枚数を入力しようとすると「ご用意できませんでした」になってしまいました。
ではほかの日程の△マークを押すとまた「ご用意できませんでした」。
これを繰り返しているうちに完売してしまいました。
 
プレイガイドの抽選も外れてあとは一般前売ですが、参戦できるかどうか…。
この日はヴィスタリアは別の趣味で遠征中なのです。
ANJU先生ことヤンさん(安寿ミラ)が渾身の振付と仰せですしどうにかして観たいのですが、ライブヴューイングだけになってしまうかもしれません。
(それだって確保できるかはまだわかりませんが)
花組は前作「ポーの一族」もライブヴューイングを確保するのがやっとでした。
今作は劇場で観たいです。縁があることを祈り、そしてがんばろうと思います。
 
 

「メラコリ」は再演を見る心の準備ができない

「メランコリック・ジゴロ/EXCITER!!2018」はヴィスタリアの家からもっとも近い埼玉公演を申し込んだのですが、友の会の抽選もプレイガイドの抽選もダメでした。
しかしこれは申込むときに「当たったらどうしよう」と少し悩む気持ちもあり、チケットを確保できなくて少し安堵しているような、複雑な心境です。
 
というのはヴィスタリアは「メランコリック・ジゴロ」の初演が大好きで最高だと思っているからです。
初演だって映像でしか見ていないのですが、映像とはいえ特別な舞台なので、ヤンさんをはじめ各キャラクターのハマり具合が最高で他のキャストのを見るのが怖いのです。
これまでの再演も見られていません。
他のキャストの「メラコリ」を見る心の準備がまだできていないのです。
 
かれーくん(柚香光)の主演もマイティー(水美舞斗)の2番手も見たいし同期が組むのも好きだし、ハナちゃん(華優希)とひっとん(舞空瞳)もかわいいので見たいのです。
この演目じゃなかったら「当たったらどうしよう」なんて思わず、当たったら小躍りしていたでしょう。
 
初演原理主義はよくないとは思うし再演されるオリジナル作品の誕生を望んでもいますが、この作品だけはどうしても初演の思い出を残しておきたい気持ちがあります。
 
 

初演を見てみたかった舞台

ここまで考えてふと「初演が見たかった舞台はなんだろう」と考えてみました。
ヴィスタリアが思いついたのはこちらです。
・「ノバ・ボサ・ノバ」(1971年 真帆志ぶき・大原ますみ・鳳蘭)
・「うたかたの恋」(1983年 麻実れい・遥くらら)
・「琥珀色の雨に濡れて」(1984年 高汐巴・若葉ひろみ・大浦みずき)
・「ME AND MY GIRL」(1987年 剣幸・こだま愛)
・「グランドホテル」(1993年 涼風真世・麻乃佳代)
 
いずれも再演以降のものを見て、初演はすごかっだだろうなと思う作品です。
このうち「ME AND MY GIRL」は、OG公演「SUPER GIFT!」にウタコさん(剣幸)とミミさん(こだま愛)が出演されてナンバーが多く歌われているのを拝見しました。
これこそビルとサリーだと圧倒されました。
ウタコさんがトレンチコーチで街頭にもたれるとビルのなかのビルがいる!
ミミさんが「一度でも…」と歌えば、いじらしくてかわいいかわいいサリーのなかのサリーがいる!
このときのOGがトークショーかなにかで「現役生はいますぐ観においで。ここにビルがいる」とウタコさんのビルを讃えていましたが、それも納得でした。
 
こうして初演が見えみたかった作品を書いてみると、主演コンビが見たいというのもありますが、他の主要キャストが見てみたい、そのときの○組を見たいという思いもあります。
「グランドホテル」はカナメさん(涼風真世)のオットー、ヨシコちゃん(麻乃佳代)のフレムシェンは想像をはるかに超えるほどすばらしいでしょうけれど、ヴィスタリアがこの初演で見てみたいのはのんちゃん(久世星佳)の男爵、そして目の見えない伯爵夫人のお相手、バンケイさん(萬あきら)のジゴロです。
「ラブシーンのとき、男役は腰で感じるといい」という名言を残したバンケイさんですよ。
セリフはないですし、再演の映像ではあまり写っていない役でしたし、ぜひ劇場でこの目で見たかったと思うのです。
 
 
「メラコリ」は主演コンビだけでなく主要キャストたちのキャラの濃さが愛しくて好きすぎて、このときの花組だからこそ、と思うから再演を見る心の準備ができないのかもしれません。
この全国ツアーは見送り「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」に注力しようと思うヴィスタリアでした。

ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください