観劇の感想

雪組「壬生義士伝」作品の感想と初日挨拶

こんばんは、ヴィスタリアです。
雪組「壬生義士伝/Music Revolution」の初日を観劇してきました。

「壬生義士伝」大いに涙を誘われた

泣いた、泣きました。
嗚咽のウェーブならぬすすり泣きがウェーブのように後ろの席か押し寄せてくるのを感じました。

原作の浅田次郎氏の小説を、泣かせの浅田ですから、ラッシュの通勤電車で読みながら「ここで泣いてなるものか」と歯を食いしばっていたのですが、
舞台の目の前でこの救いようのない物語がだいきほ(望海風斗・真彩希帆)はじめ雪組生と専科のみとさん(梨花ますみ)カチャさん(凪七瑠海)の熱演で展開されるのですから泣かずにいられましょうか。

映像化などは見ていないのですが、あまりに話が悲惨で辛いので、宝塚歌劇でこうして上演され、最後に亡くなった吉村貫一郎/望海風斗しづ/真彩希帆が花に囲まれてデュエットする場面があって本当によかったと思いました。

芝居の最後によくある亡くなった2人のデュエットシーンは、フィナーレなりショーがあるのでなくてもいい派なのですが、今回ばかりはあってよかったです。救われました。

無かったら幕間の間中、客席で放心状態だったかもしれません。

長い原作の切り取り方と娘役のこと

原作では維新から遠く離れた時代を生きる新選組、吉村貫一郎に所縁のある様々な人物が思い出を話する形で進んでいきます。

なので石田先生の全くの創作である鹿鳴館のストーリーテラーの場面が入るのは、ある意味原作を踏襲した上での石田先生のアレンジと言えるかと思います

長大な原作をうまくまとめていると思いますし、まとめたり時代背景の説明をするのに鹿鳴館のストーリーテラー的な場面が功を奏しているのも確かなのですが、一方で場面転換が多いのが気になりました。

その場面転換が音楽に頼ったものが多く、手法としては古く感じたのが正直ところです。
ひと昔前、ふた昔前の宝塚歌劇を見てみるようで、音楽に凝ったりセットや転換を工夫するなどの手法が取り入れられてもよかったのでは?と思います。

プロジェクションなど凝った装置、演出の作品が増えてきているのでそう感じたのですが、「チャチャチャーン」という音楽があまりに多用されているように思いました。

(雪組は前作「ファントム」に予算を割いていそうなので「壬生義士伝」は新しい手法はなしでバランスを取っているのかなとも思いましたが、プロジェクションなどに頼らなくてもできることがあると、別箱ですが「鎌足」などを思い出しました。)

さらに気になったのはこの鹿鳴館の場面がストーリーテラーの役割や娘役さんの出番を増やすという目的を果たす一方で、魅力的な場面となっていたか疑問に感じずにいられませんでした。

原作では大野千秋/綾凰華みつ/朝月希和のエピソードはもっと魅力的なものがありましたから膨らませようがあったと思いますし、
原作には登場しない松本良順/凪七瑠海と妻松本登喜/千風カレンを出すのであれば、彼らが新選組をいかに見つめてきたのかなどがもっと描かれてよかったと思います。

またビショップ夫人/舞咲りんの訪日した外国人の描き方があまりにも類型的すぎるように思いました。

石田先生は「カンパニー」でも女性やシングルマザーの描き方が類型的すぎるように感じたのですが、もう少し今現在の捉え方という風を取り入れてもいいのではないでしょうか。

新選組を題材にしている上に原作からして女性の登場人物が少ないので仕方ないといえば仕方ないのですが、娘役さんの役や見せ場が少ないのも気になりました。

同じ日本物で長大な原作のあるという共通点をもつ「夢現無双」のようにストーリーに置いてけぼりにされるようなことはなく見せ場や起承転結はあったのはよかったのですが、もう一歩工夫されたものを期待したいです。

初日という特別な公演と舞台挨拶

キャストごとの感想とショーの感想は別記事にしますが、せっかくの初日観劇でしたのでそれについても書いておきたいと思います。

まず客席の緊張感、集中力、そして拍手がすごかったです。

ショーでは盛り上がって軽く歓声が入るような感じがありました。ふだんの公演ではなかなか無いので新鮮でした。

終演後の舞台挨拶ではだいもんのしっかりした挨拶、かわいい挨拶が聞けて微笑ましく、また盛り上がりました。

言葉など正確なものではなくニュアンスですが、ヴィスタリアの記憶できた限りメモ的に挙げてみます。

まず最初に「今回の公園とは関係ないのですが」と前置きがあり柴田先生のご逝去についてお話されました。
柴田先生のことをきちんと話してくれてすごくうれしかったです。

雪組としては昨年の大劇場、東京宝塚劇場の「凱旋門」が最後となってしまいました。
教えていただいたことを胸に、これからも美しい舞台を作り続けていきたいです。

東京はとても涼しいと聞いていたのですが、暑さとどうやら台風のようなものを連れてきてしまったようで…

西と東では違うので、宝塚では喜んでくださったけれど東京ではどうなのかなと(客席拍手)

相性のいい作品で、「壬生義士伝」の後には「Music Revolution!」、「Music Revolution!」の前には「壬生義士伝」を見なくてはいけないのです(客席大拍手)

カーテンコールの3回目はスタンディングオベーションでした。

私が壬生義士伝からある台詞を引用して、出演者がエイエイと言いますからみなさんはオーとお願いします。2回。
(客席が戸惑う)2回にオーオーになっちゃう?あ、エイエイオー!エイエイオー!としてください。
(ここで劇場中がすぐに納得)すごい。すぐ返ってくる。

背筋を伸ばせ!胸を張れ!雪組公演の始まりだ!
(雪組生)エイエイ (客席)オー!
(雪組生)エイエイ (客席)オー!

これで公演も1ヶ月無事にできますしみなさんも元気に過ごせます。

このあたりの反応の速さ、阿吽の呼吸も初日ならではでしょうか。
劇場中が即座に理解して2,000人の思考が一致する空気が手に取るようにわかりました。

舞台の余韻と雪組さんの熱気に包まれながら客席を後にすると、流れてきた「さよなら皆様」がだいもんの歌声になっているではありませんか。

最後までゆったりと聞いてから劇場を後にしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    東京初日、私は一階下手側ブロックの通路側だったのですが、開演前に自分たちの前の席が3つ並んで空いているので家内に「理事長と石田先生・中村先生が来るのかもねー」と冗談言ってたら、本当にその通りになったのでびっくりしました。。。

    家内が前の席の小川理事長に「横浜出身の望海さんに横浜公演をさせてあげてくれと直訴したい!」と言うのを必死に抑えました。やれやれ。ファンの勝手な希望をいちいち聞いてられるかいな。

    実は自分は小川理事長の近くで観劇することがよくあります。組織のトップとして、またベースは関西だろうにわざわざ東京での公演を観にこられるのは、舞台という現場を重視されていてホント偉いなーと思います。

    お芝居の方は、吉村貫一郎は生きて戻ることを最優先することは何故しなかったのかと思いました。もっと言うと、すんなり鍵屋の娘の婿養子になって、しづや子供たちを楽にさせてあげればよかったのにとも。世慣れすぎた価値観かもしれませんが。

    幕間に家内に、ショーの客席降りでは誰に来て欲しい?と訊かれたので、彩みちるちゃんと答えていたのですが、こちらもその通りになりました!彼女と両手でハイタッチができました!至福の喜びでした。しかしみちるちゃん、理事長がいらっしゃるのに気づいてびっくりして最敬礼してたのには笑いました。

    黒燕尾だと彩凪翔さんのカッコよさが際立つますね。娘役さんでは朝月希和さんが凪七さんと踊っているところが可愛かったです。真彩希帆さんはもう素晴らしく、外の舞台でも十分活躍できるだろうに宝塚に残っていてくれてありがとう!という感じです。
    羽織夕夏さんのエトワールは嬉しかったです。結構応援してるので。

    自分は後2回観劇する予定です。今度はもっと細部まで観てみます。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      初日観劇のこと教えてくださってありがとうございます。
      小川理事長、石田先生、中村先生が観劇だったんですね!

      1階通路側とは楽しい席でしたね。
      彩みちるちゃんのハイタッチも羨ましいですし最敬礼を想像するとかわいいです。

      私は客席おりで誰が来たらうれしいかなあ。
      雪組はまだこの生徒さん、という方がいないのですが煌羽レオさんか星南のぞみさんが来てくれたらうれしいです。

      黒燕尾の彩凪翔さんは同意です。
      ダンスのうまさとか技術的なことではなく美学のようなものがあり、雰囲気が締まり濃くなる感じがしました。

      真彩希帆ちゃんはお芝居のしづが抑えた演技できたらショーで弾けて一層まぶしかったです。

      「壬生義士伝」の原作を読むと、貫一郎とみよの関わりがもっと濃いといいますか、はっきりと貫一郎がみよに惹かれていた上で断ったという描写がありました。

      ほかの隊士たちの愛人の関係も描かれていたのでその対比もあって、貫一郎が縁談を断ったエピソードは一つのハイライトになっているかと思います。

      なので舞台でもうちょっとそれが出ているとみよとしづの2役を真彩ちゃんがやるという意義も一層明確になってよかったかなあと思っています。

      私も次は1階で見て、新人公演に行く予定です。

  2. 竹内 より:

    ラストのネタバレ(死ぬのですね)はまだ観ていないので書いてほしくなかったです。がっかりです。

    • vistalia より:

      竹内様

      せっかく記事を読んでくださったのにネタバレとなりがっかりさせてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

      原作の発表が約20年前で映画などさまざまにメディア化されていることに甘え、記事を書く際に配慮が足りなかったことをお詫びいたします。

  3. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん
    今日土曜日は三井住友カード貸切で雪組公演を観劇しました。後半のショーだけですが、前から3列目で観劇できました。(幕間に嫁と席を交換)

    銀橋に来るジェンヌさんたちが目線をくれるくれる。もう子供のようにはしゃいでおりました。朝美さんがあきらかにポーズとともに目線をくれて感激したのですが、両隣の席の嫁知人二人も「あれは自分に向けたものだった!」と主張。まあそれぞれが満足ならそれでいいかと。しかし美形ですね彼女。

    客席降りで、自分は通路から5番目だったのですが、ワンピースの主人公の如く腕を伸ばしていたら綾鳳華さんが気づいてくれて、ピースサインとともに投げハート?をくれました!彼女すごくいい人。応援しようっと。

    黒燕尾演舞は彩凪さんばかり見てました。姿形や所作、もうこんだけ燕尾服が似合う人が他にいるだろうか?と。

    舞台に近い前の席だと、出てくる人がすぐに識別できるのがいいですね。ただし今回上手側だったのですが、逆の下手側はほとんど見えないです。目の前で踊ってくれている人がいるのに、視線を別の方に向けるのも失礼なような気もしますし。

    総じて満足な観劇でした。
    さて再来週から、自分は怒涛の宝塚月間です。がんばろうっと。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      3列目とは羨ましい!
      楽しい観劇のお裾分けありがとうございます。

      後ろの席や2階席はオペラグラスも使って好きなように見ますが、前の席や通路側の席で近くに生徒さんが来たときは一番近くの生徒さんを見るように心がかけています。
      うみひこさんの仰るように生徒さんに失礼になると思いますし、近くでちゃんと見てると笑顔で視線をくれたりと反応してくれることもありますし。

      そして彩凪さんの黒燕尾、わかります。
      私はこれから雪組を見るときは彩凪さんに注目しようというくらいあの黒燕尾で持っていかれてしまいました。

      黒燕尾はダンスの技術ではなく年数がものを言うと、星組「ESTRELLAS」でしみじみ思ったのですが、彩凪さんはそういう年数+αの部分がすばらしいと感じています。

      綾鳳華さん、ラジオではおしゃべり上手のパーソナリティ小山さんが「喋りがうまい」と言うほどで頭の回転の速さを感じました。
      「壬生義士伝」の大野千秋の少年時代が特に光っていたなあと思います。

      花組本公演は私は東京までお預けなのですが、宙組全国ツアーの感想をぜひまた聞かせてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください