考えたこと

90期と91期は偶然なのか 新時代を予想する

おはようございます。
宝塚以外の趣味で海外遠征というか旅行中のです。
 
※この記事は予約投稿です。コメントの返信や訂正等は帰国後させていただきます。
 
Erdenebayar / Pixabay
 
 
夏休みに実家に帰省して、ライトなヅカファン母サラに録画してもらったスカステを見て、昔の「歌劇」をぱらぱらとめくったりしてきました。
残っていたのは1991~1996年ころのもので、メモリアルイヤーの80周年(1994年)のときのを懐かしく読みました。
 
この年の「えと文」は71期の4人でした。
花組 愛華みれ
月組 真琴つばさ
雪組 轟悠
星組 稔幸
 
これがなかなか個性的でおもしろかったです。
タモさん(愛華みれ)の絵は1期下のリカさんことじぶじゅん(紫吹淳)が担当。
 
マミちゃん(真琴つばさ)は「風と共に去りぬ」のスカーレットをやっていて、男役の短髪をどうやってスカーレットヘアにするかを自身のイラストで紹介しています。
 
イシ様(轟悠)は達筆を活かしたことわざ辞典(なぜことわざなのかは謎ですが)、ノルちゃん(稔幸)はイラストも上手で字も多め。
 
この4人は当時は各組の3番手で、その後トップスター揃い踏みとなりました。
 
 

70期からトップスターが出なかったのは偶然?

そしてふと思ったのですが、71期のひとつ前の70期はトップスターが出ませんでした。
娘役トップは紫ともさんがいます。
 
69期からは3人、71期からは4人のトップスターが出ています。
その狭間の期だからなのか、たまたまなのか、69~71期の下級生時代を知らないのでわかりません。
でももしかしたら、言葉は悪いですが割を食ったといいますが、涙をのんだ生徒さんがいらしたのでしょうか。
 
ここ30年のトップスターを期別にみてみます。
 
wiki先生で調べて書きだしてみました。
それに、在団中で単独主演を経験されている生徒さんをあわせて載せております。
間違いがありましたらこっそり教えていただけるとうれしいです。
 
69期 麻路さき・久世星佳・高嶺ふぶき
70期 -
71期 愛華みれ・轟悠・真琴つばさ・稔幸
72期 香寿たつき・紫吹淳
73期 天海祐希・えまおゆう・姿月あさと・匠ひびき
74期 和央ようか
75期 湖月わたる
76期 彩輝なお
77期 朝海ひかる・安蘭けい・春野寿美礼
78期 大空ゆうひ・瀬奈じゅん・貴城けい
79期 水夏希
80期 霧矢大夢
81期 大和悠河
82期 壮一帆・蘭寿とむ
83期 -
84期 音月桂・北翔海莉
85期 柚希礼音
86期 凰稀かなめ
87期 早霧せいな・龍真咲
88期 朝夏まなと・紅ゆずる
89期 明日海りお望海風斗・凪七瑠海(東上)・美弥るりか(月2)
90期 瀬戸かずや(バウ)
91期 -
92期 真風涼帆・彩凪翔(バウ)・鳳月杏(バウ)
93期 愛月ひかる(東上)・彩風咲奈(雪2)・芹香斗亜(宙2)
94期 珠城りょう
95期 朝美絢(バウ)・桜木みなと(バウ)・瀬央ゆりあ(バウ)・月城かなと(東上)・水美舞斗(バウ)・柚香光(花2)・礼真琴(星2)
96期 和希そら
97期 -
98期 暁千星(バウ)
 
69~98期までの30年を振り返ってみました。
こうしてみると、95期の主演者の多さに群を抜いています。
 
 

90~91期は2年連続でトップスターが出ていない

トップスターの出なかった期は70期、83期。
そしてまだ現役生もいらっしゃいますが90期と91期もトップスターは出ない期になりそうです。
 
2年連続はめずらしいように思いますが、これは偶然なんでしょうか。
 
ヴィスタリアは劇団が若返りをはかった影響があるのではと思うのですがいかがでしょうか。
スター路線を歩む生徒さんがいなかったのではなく歩ませなかったのではないかと思うのです。
 
この30年をいくつかのタームでわけることができると思います。
トップスターの就任学年によってはそぐわない部分もありますが、ざっくりな分け方ということでご容赦ください。
 
なおこの区切り方はヴィスタリアが勝手に抱いているイメージです。
 
 
—–4組時代。新専科誕生以前—–
69期 麻路さき・久世星佳・高嶺ふぶき
70期 -
71期 愛華みれ・轟悠・真琴つばさ・稔幸
 
—–5組時代。新専科経験者—–
72期 香寿たつき・紫吹淳
73期 天海祐希・えまおゆう・姿月あさと・匠ひびき
74期 和央ようか
75期 湖月わたる
76期 彩輝なお
 
—–100周年まで①—–
77期 朝海ひかる・安蘭けい・春野寿美礼
78期 大空ゆうひ・瀬奈じゅん・貴城けい
79期 水夏希
80期 霧矢大夢
81期 大和悠河
 
—–100周年まで②—–
82期 壮一帆・蘭寿とむ
83期 -
84期 音月桂・北翔海莉
85期 柚希礼音
86期 凰稀かなめ
87期 早霧せいな・龍真咲
 
—–新時代の前(いま)—–
88期 朝夏まなと・紅ゆずる
89期 明日海りお・望海風斗・凪七瑠海(東上)・美弥るりか(月2)
90期 瀬戸かずや(バウ)
91期 -
92期 真風涼帆・彩凪翔(バウ)・鳳月杏(バウ)
93期 愛月ひかる(東上)・彩風咲奈(雪2)・芹香斗亜(宙2)
94期 珠城りょう
 
—–新時代のはじまり—–
95期 ?????
 
 
いまは100周年以降~次の新時代までの間で、何と呼ぶべきかはわからないのですが、劇団はここを早く区切りをつけて次の時代の幕を開こうとしており、それは95期の5組トップスター揃い踏みで始まる…そのために割を食ったのが90~91期ではないかと考えました。
 
そして95期で始まる新時代は110周年で区切りを迎える……と予想しています。
 
予想に根拠はないです(きっぱり)。
ただこうしてヴィスタリアの独断で区切ってみたところ、5組時代以降はトップスターの出ている期が5期ごとで時代で別れました。
 
88期以降は90~91期をのぞいた5期が区切ると、95期から新しい時代になったというわけです。
 
実際にどうなっていくのかはわかりませんが、見守っていきたいと思ったヴィスタリアでした。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。ポチッとしていただたらうれしいです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください