花組

花組あれこれ

花組のニュースがいろいろと入ってまいりました。
889520 / Pixabay
 

 

 
 
 
 
東宝「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」のチケットを確保することができました!
 
知り合ったばかりの友の会が打ち解けてくれなかったのでどうしようかと思っていたのですが、プレイガイド先行が当たりました。
(教えてくださった方、その節はありがとうございました。)
 
SNSをヅカパトロールしていると好評な感想が多く、観劇するのが楽しみです。
 
昨年夏に「邪馬台国の風/Sante!」を見たとき、ヴィスタリアは客席で気を失いかけました。
「これだけのすばらしい生徒さんたちとこれだけの舞台機構があって、1時間30分もあって、どうしてこうなったの?」と思ったのです。
 
チケットを増やせるかどうかはわかりませんが、まず1回は観られることに安心しております。
 
 

花組本と「FOCUS ON」鳳月杏発売決定

花組本 9月14日発売
ヴィスタリアは”出版物に回すお金があるならチケット代に回せ”がモットーなのですが、ときどき(たびたび?)どうしても欲しいと思った出版物は買ってしまいます。
 
「おとめ」さえ買っていないヴィスタリアですが、組本はヅカファン生活に復帰したばかりのヴィスタリアにとって、生徒さんや組のことを知るのに重宝で、かなりモットーがぐらつくアイテムです。
組本は値段は張りますが、生徒さんの個性が見えて楽しいですし同期なども覚えやすくて助かるのです。
 
しかもみりおちゃん(明日海りお)とゆきちゃん(仙名彩世)は、いま5組のトップコンビの中で「コンビとして一番好きだなあ」とヴィスタリアが思っているコンビなのです。
 
TCAのサイトによりますと、
”大好評の組特集本「ザ・タカラヅカ」、第7シリーズの最後を飾るのは、明日海りお率いる“花組”です!
明日海・仙名・柚香が笑顔を見せる柔らかで華やかな表紙から始まり、わきあいあいとした3人のトーク、そしてあじさいを求めて浴衣姿で京都・宇治を散策したトップコンビポートなど、盛りだくさんの内容でお届けします。さらには、それぞれの魅力を競うスターポートレート、くじ引きでコンビを決めて撮影に臨んだ上級生ポート、94期生以下の同期生ショット、生徒自身がアイディアを出して誌面を作り上げる「ふるさとMAP」など、楽しい見所が満載です。そして、『MESSIAH(メサイア)』『BEAUTIFUL GARDEN』から花組に配属となった104期生も「オールメンバーズプロフィール」と「同期集合ポートレート」に参加。花組生全員が顔を揃える、花組ファン必携の1冊をどうぞお楽しみください。”
 
あじさいの京都・宇治を散策する浴衣姿のみりゆき、すてきでしょうね。
 
ヴィスタリアが「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」を観に行くときは発売されています。これは危険です(ヴィスタリアの財布にとって)。
 
 
「FOCUS ON」鳳月杏 9/7発売
そしてちなつちゃん(鳳月杏)の「FOCUS ON」も発売されます。
盛沢山で見ごたえ、読み応えがありそうです。
 
”独自の個性を確立し舞台で輝きを放つ男役スターの魅力に迫る「FOCUS ON」シリーズ、第三弾は花組の鳳月杏。
クラシックな洋館にたたずむ端正な黒燕尾の青年、ダルマ燕尾の妖艶な女性、そして満開の桜の下に幻のように現れた着流しの男…。作り込んだ写真の数々があなたを魅惑の世界へと誘います。純白の天使と漆黒の堕天使の扮装では対極の魅力を表現、革ジャン姿のショットにクールなカッコよさを凝縮しました。さらに花組トップスター明日海りおがオスカルに、鳳月がアンドレに扮した『ベルサイユのばら』のスペシャルショットは必見! 凛々しい軍服姿と今宵一夜のシーンと共に、撮影後のミニ対談もお楽しみ下さい。芹香斗亜とのトークコーナーには二人の愛犬キャンディとモアナも登場します。舞台人・鳳月杏の魅力に迫るコ―ナーでは本人はもとより、演出家、振付家、共演者達へのインタビューも満載!様々なアプローチで鳳月杏にFOCUS ONするこの1冊、どうぞお見逃しなく!!”
 
ところでこの「FOCUS ON」は、瀬戸かずや様から刊行がスタートしたとき”独自の個性”で輝く別格スターさんのシリーズかと思ったのですが、そういうものでもないんでしょうか。
2冊目が彩凪翔くんだったのでなんだかモヤモヤしてしまうのです。
 
そして瀬戸かずや様の「FOCUS ON」の発売が決まったとき、ヴィスタリアは思いました。
なぜあと数ヶ月早く企画して としさん(宇月颯)の「FOCUS ON」を出してくれなかったの、と。
としさん、好きなんです。
気づいたときにはすでに退団されており、ヴィスタリアは外部の舞台でとしさんを観るのが夢のひとつです。
 
 

舞空瞳ちゃんのかわいさが気になって仕方ない

大劇場の新人公演があって写真やご覧になった方の感想を見たりしているのが、ヴィスタリアはひっとんのかわいさに心を奪われそうです。
 
なんてかわいいんでしょう。
お顔が小さくて現代的な雰囲気で、アイドルのようなかわいらしさの趣があると思いました。
 
しかも首席入団で、芝居・歌・ダンスも褒めている声を各SNSで見かけます。
そのなかでヴィスタリアが気になったのがマイティ(水美舞斗)のバウ「セニョール クルゼイロ」です。
マイティとどんなふうに踊ったのか見てみたいです。
いつかスカステで放映されるのを待つことにいたします。
 
花組全ツ「メランコリック・ジゴロ」はヒロインのフェリシアですし、こちらはいまのところ観に行く予定がないので、「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」でしっかり見たいと思っています。
 
 

ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください