メディア関連

ゴージャスな真風涼帆様と、芹香斗亜様の魅力的な謎【宝塚GRAPH4月号】

こんばんは、ヴィスタリアです。

定期購読している宝塚GRAPHの2020年4月号を読みました。

例によってヴィスタリアの独断と偏見と偏愛で特に気になったページについて順不同で記事にしています。

Cover Special 真風涼帆 ゴージャスなかっこよさ

表紙のゆりかちゃん、すてきですねえ。
このゴージャスなお衣装を違和感なく着こなしていてさすがです。

いままで見たゆりかちゃんのポートのなかでもかなり好きです。

マスタードイエローのコートを羽織ったポートの表情はなんとなくFLYING SAPAに通じるようなミステリアスなものを感じます。

Mail Box 芹香斗亜 魅力的な謎

キキちゃんがIntaGRAPHに登場したときもおもしろい方だなと興味を持ちました。

宝塚グラフ12月号〜礼真琴くんの理想の高さ/星風まどかちゃんがかわいいこんばんは、ヴィスタリアです。 定期購読している宝塚GRAPH12月号を読みました。 例によってヴィスタリアの独...

写真の選び方が他の方とは違うといいますか、ふしぎな、魅力的な謎のようなものを感じたのです。

今回も仲のいい方やつながりのある方だけを選んでいないのです。

キキちゃんは花柄×レオパード柄という2つの両極端な柄を合わせたシャツをお召しなのですが、そんないろんな魅力、一面が衣裳からも8人の選び方からも伝わってくる気がします。

さおた組長(高翔みず希)すっしぃ組長(寿つさ)もいれば、お話したことがないというなっちゃん(夏月都)おだちん(風間柚乃)にメールを送っています。

(風間柚乃)
芹香さんは劇団レッスンでよくお見かけし、こんなスターさんとバレエのレッスンを一緒に受けていることが不思議で仕方ありませんでした。

キキちゃんもおだちんもレッスンがんばっておられるんだなというのも印象に残りました。

A GIRL 真彩希帆 かわいさは無限大

まあやちゃんのミュージックサロンのポスターといい雪組本といい、オフステージのヴィジュアルが発表されるたびに新しい魅力にはっとして「かわいくてご自身の見せ方がうまい」と舌を巻くのですが、このポートもその1つです。

ポップでキュートで思いっきり弾けているまあやちゃんが新しいかわいさを見せてくれています。

ネイルとちらりと見える靴下の色が合わせてあるのもかわいいです。

丸いメガネやロリポップの小道具もなかなか見たことがなくて新鮮ですが、メガネは「20世紀号に乗って」で使用したものであることがはみだしSHOTで紹介されていまますが、合わせようと思いつく発想もお見事!です。

ステージ写真 星組「眩耀の谷/Ray」月組「赤と黒」「出島小宇宙戦争」

星組「眩耀の谷/Ray」は東京宝塚劇場の観劇の予習…といいたいところですが、予習が役に立つ日がいつになるのかはこれを書いている時点では見通せません。

ただストーリーや役名、固有名詞が一読しただけではすとんと頭には入ってこなくて、何回かじっくり読んでおいた方がよさそうです。

月組「赤と黒」は遠征を見送ってしまったのですが、
この公演中止とたまさく(珠城りょう・美園さくら)の退団発表もあって遠征しなかったことを激しく後悔しています。

そして月組「出島小宇宙戦争」は休演前に観劇することが叶い、劇場で味わった空気と感動が蘇ります。

本編の衣裳も独特で素敵でしたが、フィナーレのちなつさん(鳳月杏)うみちゃん(海乃美月)完璧な美しさにうっとりです。

舞台写真を買っておくべきでした。

その他のページ

一言ずつですが触れさせてください。

◆花組てい談 柚香光・華優希・瀬戸かずや
はなちゃん(華優希)は本当はどんな個性と魅力を持っているのだろう?という興味がわきました。

れいちゃん(柚香光)すっごく性格の悪い役が見てみたいといい、あきらさん(瀬戸かずや)極道の妻とか、大人っぽい役が見てみたいといい、
いままでのはなちゃんとは全然違うものを挙げています。

舞台やインタビューから受けるふわ〜っとしたイメージと本当のはなちゃんは180度違うのかもしれません。

(手をグーにして顎に当てる、はなちゃんポーズを何気なく見るとしていると言われて)……気持ち悪いですね。

こんなことを素直に言えるはなちゃんにおもしろさも感じます。

これから舞台で様々な役、場面を通して見たことのないはなちゃんを見せてくれることを期待しています。

◆GRAVEL 愛月ひかる
愛ちゃんはテーマに合わせた世界地図をモチーフにした衣裳を選んでいます。

元星組のゆっこさん(麻央侑希)と海外旅行に行くほど仲がいいとは初めて知りましたが、お2人が並んでいたらめちゃくちゃ目立つでしょうね。

紹介されているヘアケアグッズをヴィスタリアも使っているのですが確かにリフトアップ効果がすごいです。

毎日使っているという愛ちゃん、さすが美しい方は違うなとさぼりがちな我が身を反省しました。

◆波瀾爆笑 瑠風輝
もえこちゃんはもしかしたら96期生、あるいは97期生だったかもしれないことを初めて知りました。

苦労と努力の末に音楽学校に合格されていまがあるのですね。

◆InstaGRAPH 帆純まひろ
ひとこちゃん(永久輝せあ)の家で花組生が鍋パーティーをしたという、ひとこちゃんEXのエピソードのお写真を見ることができます。

またみりおちゃん(明日海りお)くみさん(芽吹幸奈)とのエピソードが紹介されています。

映画館によく行きみりおちゃんと好きなディズニー映画が同じというホッティ(帆純まひろ)はきっと「ムーラン」の吹き替え版を楽しみにしていることでしょう。

公開が、映画館や劇場にふつうに行ける日常が待ち遠しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください