花組

一之瀬航季くんが新人公演初主演/帆純まひろくんの夢のつづき

こんばんは、ヴィスタリアです。

だいきほ(望海風斗・真彩希帆)の退団発表にうちひしがれていますが、今日はうれしいニュースもありました。

「はいからさんが通る」新人公演主演は一之瀬航季くんと美羽愛ちゃん!

花組「はいからさんが通る」新人公演の主演ははなこちゃん(一之瀬航季)あわわちゃん(美羽愛)の初主演コンビであることが発表になりました。

はなこちゃん、あわわちゃん、おめでとうございます!

はなこちゃんは100期生、今年が新人公演の長の期ですからなんとしても主演を!と願っていたので本当にうれしいです。

聖乃あすかくんバウ主演と柚香光様・華優希ちゃんでブロードウェイミュージカル!こんばんは、ヴィスタリアです。 花組の夏の2分割が発表になりました。 100期初のバウホール主演は聖乃あすかくん ...

はなこちゃんは舞台がパッと明るくなる満開の笑顔と美しさが輝いている男役さんで目が吸い寄せられます。

「DANCE OLYMPIA」ではダンスに歌に大活躍でしたし、
「CASANOVA」新人公演のミケーレ伯爵役(本役 夏美よう)が台詞回しも演技も安定していて目立っていました。

花組「CASANOVA」新人公演キャストごとの感想おはようございます。ヴィスタリアです。 花組「CASANOVA」新人公演のキャストごとの感想です。 ヴィスタリアの独断と...

また「A Fairy Tale」新人公演のビジネスマン オズワルド・ヴィッカーズ役(本役 瀬戸かずや)は本役とは違う、はなこちゃんの個性をしっかりと出していました。

新人公演「A Fairy Tale」もう一つのお伽話(観劇の感想)こんにちは、ヴィスタリアです。 花組「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」新人公演を観劇しました。 ヴィスタリアの...

「はいからさんが通る」の伊集院忍少尉れいちゃん(柚香光)の当たり役ですが、
はなこちゃんがどう演じるのかとても楽しみです。

きっとはなこちゃんならではの忍さんを見せてくれると期待しています。

ヒロイン紅緒役のあわわちゃんは104期。

前作「A Fairy Tale」新人公演のヒロインシャーロット/都姫ここ(本役 華優希)に続いて104期生の抜擢となりました。

あわわちゃんは「A Fairy Tale」本公演のシャーロットの幻(11歳)がとにかくかわいくて強く印象に残っています。

新人公演のネリー(本役 春妃うらら)もかわいかったです。

どのような演技をされるのか、どんな娘役さんなのかとっても気になります。

しかし、これはことかちゃん(都姫ここ)やあわわちゃん個人が云々という話ではありませんが、104期という若い娘役さんがヒロインをされる前に、新人公演でヒロインをしてほしい上級生の娘役さんもいます。

たとえばいとちゃん(糸月雪羽)は今回同期コンビの主演でもよかったのでは…と思います。

星組「眩耀の谷」新人公演のヒロインまめちゃん(桜庭舞)は本役のひっとん(舞空瞳)より学年が上になりましたが、こういうケースはあっていいと思うのです。

新人公演は貴重な機会でトップ娘役の就任学年が新人公演学年内なのですから、学年の逆転現象が起きてもなんらふしぎではない、
むしろそれが原因で新人公演のヒロインから除外されるようなことはあってほしくないです。
(あるのかどうかは知る術はありませんが)

雪組「壬生義士伝」新人公演では主演のあみちゃん(彩海せら)よりヒロインの彩みちるちゃんの方が上級生でしたが、きちんと成立していました。

こういう本公演ではななかなかない主演男役より娘役の方が学年が上というパターンも新人公演ではあっていいと思いますし、
本公演・別箱でも見てみたいです。
(星組全国ツアー「アルジェの男」がこのパターンでした。)

できれば次回本公演、100期生の最後の新人公演「アウグストゥス」でいとちゃんのヒロインが見たいです。

帆純まひろくんと未来のタカラジェンヌ

すてきな記事を読んだので紹介させてください。

昨日宝塚フォーラムという兵庫県在住の青少年を対象にしたイベントが開催され、星組「眩耀の谷/Ray」観劇の前にトークショーがあったそうです。

トークショーの参加者はさおた組長(高翔みず希)るな副組長(冴月瑠那)ホッティ(帆純まひろ)で、
兵庫県西宮市出身のホッティは子どものころにこのイベントに参加したことがあるそうです。

そのときのイベントにはどなたが登壇されたのだろう…と思いを馳せたくなりました。

遠い昔に客席にいたホッティがいまこうしてタカラジェンヌとして登壇したように、今回のイベントの客席に未来のタカラジェンヌがいるかもしれません。

こういう夢が次世代に続いていくようなイベントがこれからもあるといいなと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ポチッとしていただたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

POSTED COMMENT

  1. うみひこ より:

    ヴィスタリアさん

    このニュース、私も嬉しく思っています。
    一之瀬さん、お芝居超上手いんですけど、特に男臭い役も似合いそうだなーと思っています。ヴィッカーズ商会社長が秀逸でした。あとはこのプレミアな新人公演チケットをどうやって入手?が課題です。既に出遅れ気味ですが。。。

    そして糸月さん。自分も陰ながら応援している娘役さんです。バウ花組singing workshopで、CATS「メモリー」とデュエットでラプンツェル「輝く未来」を心を込めて歌ってらしたのがとても心に染みました。スカステの番組Young+のトークでの、素直で真摯な物言いに好感を持ちました。ぜひ彼女の努力が報われて欲しいと思っています。いまだに少年役が多いですが、与えられた役を一所懸命に演技されている印象です。

    • vistalia より:

      うみひこさん

      一之瀬さんのヴィッカーズ、よかったですよね。
      私はDANCE OLMPIAでキラキラしていた印象が強いのですが、男くさい役が似合いそうなのわかります。

      そういうきらめきからビジネスマンのヴィッカーズに重厚さのあるミケーレ伯爵となんでもできて頼もしいです。

      新人公演は友の会とプレイガイド、当日券が頼りなので念じて申し込むしかありません。
      念をこめまくって申込みます。

      糸月さん、なぜ少年役が多いのか、かわいいし娘役さんらしさもあるので勿体ないなあと思います。

      マスカレード・ホテルの制服姿もかわいかったですね。
      朝月さんと二人の場面があってうれしかったです。

      私は糸月さんを認識したのは「CASANOVA」新人公演のゾルチ夫人で、立見席からでも美貌が際立っていたので、
      その後映像で少年役が多いことを知ったこともあって余計にそう感じます。

      桜庭舞ちゃんのように、長の学年での新人公演初ヒロインを祈っています。

  2. ときめき花子 より:

    ヴィスタリア様
    一之瀬君、予想していました。見れるものなら見たいけど、行けない…単純に少尉姿見たい願望(笑)

    聖乃あすか君はバウ主演になったので、新人公演主演で経験を積む時代は終わり、次のステップへ進んだのかな。時は流れる…だいもんも卒業するし…まあさま、ちぎさん、明日海さんと、仙名さん、望海さん、きいちゃんのおかげで、私は宝塚ファンになり、美弥さんの魅力に魅せられ、やはり、役によって魅力が開眼するので、役につくことが重要です。
    主役だから光るわけでもなく、脇役のキャラが合っている場合もあるのかなと…ちなつさんは、松倉という悪役で、私は衝撃を受けました。
    タソさんは、MESSIAの時、踏み絵を「踏め」という、あの間が最高に芝居全体に緊張感を与えているように感じました。
    トップスターだけで素晴らしい舞台にはならない。
    また次の魅力あるスターと作品、舞台で出会えると楽しみが増えます。

    • vistalia より:

      ときめき花子様

      一之瀬くん、きっと…と信じていましたがこうして発表になって本当にうれしいです。
      少尉の軍服姿いいですよねえ。
      私は原作が大好きなので楽しみが増します。

      ほのかちゃんはこれからきっとバウやいろいろな公演で主演をされたり大きな期待をされていくのかなと、万博のイベントにも選ばれていましたし思います。
      新人公演の主演ではなくいろいろな上級生の役を経験して芸の幅を広げてほしいと思います。

      役との出会いは大きいですね。
      今日の退団公演で望海さんが「ドン・ジュアン」のことを挙げていましたけれど、トップスターになる前にこういう当たり役、良作に出会えるかは大きい気がします。
      宝塚は自己プロデュースの世界ですし、あてがきのオリジナルが大きい世界ですから。

      ちなつさんの松倉、よーーーくわかります。あの冷たい目と銀橋での歌、忘れられません。
      また美弥さんは私は観劇できていないのですが月組への組み替えと「1789」アルトワ伯が大きいのかなと思います。

      たそさんのような舞台を締める方にはずっといてほしいと思ってしまいます。
      「はいからさんが通る」の牛五郎、「金色の砂漠」大好きでした。
      全員主役では芝居、芸術作品ではなくアイドルグループのコンサートになってしまいます。

      いろんなタイプの生徒さん、主役も脇役もスターも老け役も活躍できる宝塚歌劇であってほしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください